読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone6 LEDライトがより薄くよりスリムに進化!6月に発表!?との話。

iPhone6 Apple iPhoneNEWInfo
スポンサード リンク
あとで読む

 

iPhone6にまつわるいろいろな噂話が飛び交って久しいこの頃です。苦笑

台湾のLED業界?について扱っているメディア LEDInsideが、Appleが今年発表するであろう次期「iPhone6」に、より薄くより軽く進化したLEDライトが搭載されると報じています。

また、併せてその登場時期を6月と伝えています。

 

f:id:bambamboo333:20140130104541p:plain

iPhone6コンセプトデザイン【Image Source: Amine Kaddari

 

・iPhoneのLEDフラッシュ

いまでは当たり前の装備となっているiPhoneのLEDライトですが、(写真撮影時に同期するフラッシュの役目を担うものなので正しくはLEDフラッシュと呼んだほうが良いようです。)

実はiPhone3GSまでLEDフラッシュそのものが搭載されておらず、iPhone4で初めてLEDフラッシュが搭載され現在に至っています。

また現行のiPhone5sにはデュアルLEDフラッシュが搭載されています。

 

従来はホワイトの1色でしたが、ホワイトとアンバー(琥珀色)の2種類が上下に並んでいます。周囲の明るさを測定し、それぞれのLEDの発光度合いを調整することにより自然な色合いを出すことが可能です。

出典:iPhoneの背面にあるデュアルLED、どんな意味があるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース

 

f:id:bambamboo333:20140219142654p:plain

Image Source: iFixit

 

 

 

・よりスリム化したLEDフラッシュ

記事によると現行のiPhone5sに搭載されているLEDフラッシュが0.6mmサイズであるのに対し、iPhone 6では0.4mmサイズになるとのこと。

 

いまやスマートフォンの様々な部品を小型化することによってコンマ何ミリで軽量化や薄型化を行っていることを考えると、今回の情報が正しいとするならばこのLEDフラッシュの0.2mmのスリム化はiPhone6のデザインに大きく貢献するのではと考えられます。

 

また記事では業界筋の話として新しいiPhone6のディスプレイサイズは4.7インチとなり、今年6月に発表となると伝えています。この手の話の時に必ずと言っていいほど登場する業界筋の方々ですが、今回の業界の方の信憑性はいかほどでしょうか。。

 

 

なお、次期iPad(iPad Pro?)についても言及しており、これまでにも何度か出ている噂の通り、ディスプレイサイズが12インチとなるとしています。

Apple 今年は「TouchID」「A8プロセッサ」を搭載した新しいiPad Airの1モデルのみを発表、12.9インチのiPadProと次期iPadminiは来年以降か?「iWatch」「iOS8」の開発を優先。 (過去記事)

 

また、この次期iPadについてもLEDバックライトモジュールが改善され、現行の0.8mmタイプのものから0.6mmタイプのものに軽量化とスリム化のため切り替えられる可能性があるとしています。

 

 

 

毎度のことですがAppleからは何も情報がでない一方で、様々な角度からこういった次期iPhoneに関する情報が報じられます。

これまでiPhone6に関して大型化と薄型化という流れについてはほぼ一致して報じられていますので、あながち噂話と安易に流せない信用に足る業界筋の方の話かもしれませんね。

とはいいつつも、真実は闇の中(Appleの中)です。

噂の一つとして楽しみましょうか。。

 

 

今回は以上です。

ほなまた。

 

引用元

Slimmer Apple Mobile Device Designs to Impact LED Backlight Specs - LEDinside

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG