読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の車内温度や混雑状況をリアルタイムで確認できる!JR東日本公式アプリ「JR東日本アプリ」を発表!!

Apple Apple-アプリ
スポンサード リンク
あとで読む

JR東日本が公式アプリその名も「JR東日本アプリ」を発表しました。

電車の車内温度や混雑状況をリアルタイムで確認することができるようです。駅のホームで電車を待つとき、この車両なら混雑少なくて快適そうだ!なんて確認して乗車位置を決めるなんてことができそうです。

 

 

この「JR東日本アプリ」、今月3月10日に配信開始予定。もちろん無料で使うことが出来ます。

 

車内の温度や車両ごとの混雑状況を確認できるだけではなく、よく利用する路線や駅を「My路線」「My駅」として登録することで、電車の遅れや運転見合わせなどの運行情報などをアプリのトップ画面で確認することも可能です。

またJR東日本の全路線の運行情報だけでなく、京浜東北線のリアルタイムな列車位置情報を見ることもできるとのこと。

アプリではJR東日本全駅の構内図、駅設備情報、時刻表を確認することも可能。

 

ITmediaの記事によると、東京駅では構内図からコインロッカーのリアルタイムな空き状況を把握でき、Android端末ではユーザー自身の位置を構内図上でも確認可能だとのことです。

 

各車両の車内温度を確認できたり各車両の混雑状況を確認できるのは山手線。

山手線では乗車位置・区間にあわせた停車駅の情報、車両の混雑状況や車内温度を確かめられる「山手線トレインネット」を配信し、3月10日にまず1編成から開始し、来年度内には山手線全編成での利用を予定しているとのこと。

 

 

これって何気にすごい便利なサービスとなりそうな予感です。

真夏のあっつい時に乗り込んだ車両が弱冷房車でもないのに蒸し暑かったり、逆に冷えすぎていて身体がしんどいなんてことがよくあります。冬場でも然り。

暖房かけすぎじゃね?なんて思うくらい暖か過ぎて真冬なのに車内で汗だくなんてこともあるので、わたしなら車内の温度と混雑状況が確認できるのであれば、多少エスカレーターや階段から離れていて乗り継ぎに時間がかかるとしても率先して車両を移ります!!

 

あとは今後、対応する車両と路線の拡大がどのくらいのスピードで拡大するかということですね。

わたしの生活範囲じゃ山手線のみじゃあまり意味がないです。せめて首都圏内の主要路線をすべてカバーして頂きたいです。JR東日本の本気度に期待します。

 

といっても、まったくといっていいほど期待何てできないんだろうな・・・。

1年後でやっとこ山手線全車両の対応が精いっぱいなんだから。。

都会はずれのうちら近辺の路線が対応することないんだろうな。。

 

 

なお今回の「JR東日本アプリ」はiOS 6.0以上、またはAndroid OS 2.3.3/4.0.3以上のスマホが対応するそうです。

 

 

今回は以上です。

ほなまた。

 

参照元

「JR東日本アプリ」:JR東日本ITmedia

 

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG