読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MNP高額キャッシュバック終了はデマだった?総務省の指導はなかったとの結論です。

その他 MNP
スポンサード リンク
あとで読む

先週末はMNPでの高額キャッシュバック終了!の話が、

超極地的ではありますが大いに盛り上がりましたね。。

このブログでも、

 

 

びっくりした!!MNP高額キャッシュバックが終了!?携帯販売はこれから大きく変貌する? 

と、取り上げました。

週末にはauのサーバーが手続きの増大でダウンしたなんて話も聞きました。

 

で、結局MNP高額キャッシュバックは終了したの?っていう話です。

 

 

・docomo

高額キャッシュバックが終了!との話が錯綜していた週末を前に14日、ドコモから1つのお知らせが発表されました。

ドコモオンラインショップ、および一部のドコモショップにてMNPを利用して他社からドコモの「iPhone」や「Xiスマートフォン」(Android)に乗り換えた場合にキャッシュバックが受けられるキャンペーンを2014年3月31日(月)まで延長するとのお知らせでした。

ドコモオンラインショップではiPhone向けに「iPhone 他社からのりかえキャッシュバックキャンペーン」、Xiスマートフォン向けに「Xiスマートフォン他社からのりかえキャンペーン」として展開されているキャンペーンでこれまで何度か延長しており、2014年3月16日(日)までで一部では延長はなく終了するのではという話もあったようですが再度延長されました。

Xiスマートフォン 他社からのりかえキャッシュバックキャンペーン:NTTドコモ

 

 

・au

auについては特に目立った情報を見つける事ができずに、どうなったものかと思っていたところ、

 auについては正直よくわからず。 週末のPIPO障害の影響で家族同時契約のキャンペーンが18日まで緊急的に延長されたようで、18日までは同時契約時にキャッシュバックが跳ね上がるのはこれまで通り。キャッシュバック額も17日のものは先週の休日と変わらないのだが、これがMNPインセンティブも休日のものがそのまま延長されているのかわからず、キャッシュバックの増減は見えてこない。

「16日で終了」と騒がれていた時も、auに関しては家族同時契約施策の終了について触れられることが多かったため、単独でのMNPならばキャッシュバックは3月中は今まで通りの水準となるのではないだろうか。この辺は判断材料も少なく自信無しなので、不安な人は18日勝負でリスク管理を。

引用:すまコジ

 

こういう記事を見つけました。

ここでは18日までとりあえずキャンペーンが延長されたようです。と、18日は今日です。明日以降にどのような形になるのかは不明です。

 

 

・ソフトバンク

ソフトバンクでもなんだかんだで機種によってはキャッシュバックそのものは継続されているようです。

 iPhone 5cが投げ売り再開の模様

ただしこの「16日で終了」もどうやらiPhone 5sに架かる言葉のようで、代わりの投げ売り端末が17日から登場してきている。 その代わりとなるのは、何でも在庫が300万台なんて噂が立っているiPhone 5cである。

17日から最近めっきり見かけなくなったiPhone 5c案件がSoftBankにおいて復活している。キャッシュバックの平均額は1台につき1〜20,000円。3台同時で9〜120,000円キャッシュバックという案件がコン無し相場として出てきている。

とりあえず「16日で終了」になったのはSoftBankのiPhone 5sとその周りのAndroidが少々といったレベルで、それ以外では騒いだ割に大きな変化は起こっていないのが実際に17日を迎えての印象か。docomoとauの緊急延長のせいで正確な平日価格がわからないものの、ショップブログが伝える3連休の案件を見ても、それほど心配するほどでもないかと思われる。

引用:すまコジ

 

 

 

と、このように今回取り上げさせていただいた「すまコジ」さんの記事によると、ソフトバンクのiPhone5sにかかわるところ以外では、これまでと大きく変わることなくキャッシュバックが行われているようです。

 

 

・総務省の指導って・・・

今後もかわらず継続される保証はないもののMNPによる高額キャッシュバックは今のところ行われています。

また、NTTドコモが上記のようにキャッシュバックのキャンペーンを正式にアナウンスを行ったという辺り、本当に総務省から指導が入ったのかさえ怪しい限りです。

さすがにお国からなにかしらキャッシュバックに関する指導が入った矢先にこういったアナウンスを行うことはないのではないかと考えられるからです。

 

 

と、そんな中、そもそも総務省からの指導なんてなかったという事実を「ITmedia Mobile」が伝えています。

 

 総務省 総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課に3月17日に確認したところ、「指導をした事実はない」とのこと。「指導をするとなると、文書を起こして稟議(りんぎ)を通す必要があるが、そのようなことは行っていない」(担当者)

通信キャリアの担当者に口頭で伝えることも考えられるが、「そのような話も特に聞いていない」(担当者)とのこと。「ネット上の記事を見て、私も驚いている」(同)

 

念のため、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの広報部にも確認したところ、「総務省から指導を受けた事実はない」とのことだった。通信キャリア側が店舗にキャンペーンを取りやめるよう通達したことも考えられるが、年度末にかけて収束する可能性はあるものの、多くの店舗で各種キャンペーンを継続しているとのこと。

総務省の指導で“MNPキャッシュバック”が終了?――詳細を確認した - ITmedia Mobile

 

 

はい、今回は完全にデマに踊らせられていたようです。

今回の噂は某ジャーナリストが発信源だとの話はあるようで、また話がどこをどうまわってこういった事態になったかは不明ですが、残念ながら今回の先週末でのMNP高額キャッシュバック終了は完全に間違いだったということでした。

 

ただし、先日このブログで報じた時に書いたように、MNPによる高額キャッシュバックという施策が健全であるとは思えません。いずれは収束に向かっていくのではないかと思います。

 

そして今回の終了か?の報道の背景には、韓国での主要キャリアの新規契約禁止命令の報道と奇しくも同時期だったことも一因として起こったことではないかと思います。

 

先日韓国では携帯主要キャリア3社が加入者獲得のために、他社から乗り換える顧客に多額の現金を支払うキャッシュバック競争が過熱しすぎたために、韓国政府が「公正な競争を阻害する」として、韓国の主要キャリア3社に対し、新規契約を約2ヶ月間にもわたる禁止命令を出したばかりでした。

びっくりした!!MNP高額キャッシュバックが終了!?携帯販売はこれから大きく変貌する? 

 

 

みごとに日本の行く末を暗示しているかのようです。やりすぎ、行き過ぎはよくない。

日本の主要キャリアには同じような轍を踏まないように健全な競争を行って頂きたいものです。

先日の投稿も同じ文言で締めくくりましたが、

既存の顧客をないがしろにし、長期ユーザーが損をしてバカをみるといわれたこれまでの制度。このいびつな収支体制をキャリアがどう見直し、消費者へ還元していくのかこれからのキャリアの動きに注目していきたいです。

 

 

今回は以上です。

ほなまた。

 

(追記:2014.3.20  22:24)

ソフトバンクが販売報奨金を減額へ!!4月以降の各キャリアのMNPキャッシュバックの金額に注目です!

4月以降は各キャリアともMNP高額キャッシュバックは終了!? ソフトバンク販売報奨金を3万円に減額!!

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG