読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple iPhone6 まずは4.7インチモデルのディスプレイを5月に量産開始!? 5.5インチモデルはちょっと遅れるみたい・・。

iPhone6 iPhoneNEWInfo Apple
スポンサード リンク
あとで読む

REUTERSより。

量産に向け少しづつ情報が出始めているAppleの次期iPhoneであるiPhone6
先日このブログでもNikkei Asian Reviewが伝えた情報として、シャープの亀山工場やジャパンディスプレイの茂原工場などで量産にむけ既に生産を開始しているみたい?という話をお伝えしました


f:id:bambamboo333:20140401182354j:plain

Image Source: MacRumors



今回はREUTERSがシャープとジャパンディスプレイ、およびLGディスプレイがiPhone6のディスプレイの生産を任され、秋の発売に向けて来月には量産を開始すると伝えてまーす!!


Appleや当の3社はコメントを控えているようですが、複数で報じられたこともありiPhone6のディスプレイを生産するのはこの3社で間違いないのかなと思います。
過去にはiPhone5、iPhone5sもこの3社がそのディスプレイの生産を請け負ったと言われていますし。


今回REUTERSが伝えるところによると、やはりこれまでの噂の通りiPhone6はディスプレイサイズの異なる2モデルとなるようです。
まずは4.7インチモデルのディスプレイの生産を開始し、5.5インチモデルに関しては量産までに数か月の遅れが出る模様です。

インセル技術のタッチパネル

4.7インチモデルは順調に生産が開始されるようですが、問題は5.5インチモデル。
この生産開始の遅れにはiPhone5からAppleが採用したインセルと呼ばれるタッチパネルの技術に由来しているようです。
タッチパネルには様々な種類がある中、高い技術が必要とされるのがインセルと呼ばれるこの技術を使ったものらしいです。

ディスプレイの薄型化に向けて、Appleが新たに導入したのが「インセル」と呼ばれるパネル技術である。これまで外付けだったタッチパネルの機能を液晶パネルに内蔵するものである。実現するための技術的なハードルは高く、製造が高価になるため用途が限られてきたが、iPhone 5に搭載されたことで本格的な離陸期を迎えたといえる。
モバイルタンク4


こういった技術についてまったく門外漢なので、詳しく解説できません。すんません。(;´Д`)が、
上で引用したように液晶パネルと一体化することがこの技術の特徴のようですね。。

で、このインセルと呼ばれる技術。
ディスプレイサイズが大きくなればなるほどより高度な技術が必要となるためか、5.5インチサイズのディスプレイの量産にむけて技術的な壁が存在しているとのこと。
今回の情報を伝えた情報源の話によると、5.5インチモデルのディスプレイはインセル方式ではなくフィルム方式のタッチパネルへ切り替えるようだと述べています。


今回のREUTERSが報じた内容が事実だとすれば、Appleは5.5インチモデルの秋までの発売に向けて、泣く泣くインセル方式を諦めてフィルム方式のタッチパネルを選んだという事でしょうか。。
うーん。。ちょっと残念っすね。


インセル方式はフィルム方式などの他のタッチパネルよりもディスプレイそのものを薄くできる利点があるようです。
なので5.5インチモデルのiPhoneがAppleが当初計画していたデザインよりも厚く重くなっている可能性があるってことですよねぇ。


コンマ何ミリでコンマ数グラムの世界かもしれないけれど、Appleがこれだ!とデザインしていた5.5インチモデルのiPhoneから何かしらの変更を余儀なくされているってことです。


もちろんAppleですから中途半端に妥協した製品を出すことはないでしょうけど、非常に気になります。真実はどうなんでしょうか。


と、ここまでREUTERSの記事が真実であればの話でしたが、実際にどのようなiPhoneになるのかはわかりません。
そんなこと気にする必要なんてないのかなとも思いますし。


まずは秋の発売にむけて少しづつですが動き出した気配のあるiPhone6
今後もなにか情報があれば、引き続きお伝えしていきまーす!


今回は以上です。
ほなまた。

引用:REUTERS

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG