読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外出先からDIGA/VIERAに接続してiPhoneやiPadでテレビ番組を観る♪録画番組もOK♪ 「Panasonic Media Access」

Apple Apple-iPhone
スポンサード リンク
あとで読む

以前、このブログで「iPhone/iPadでテレビとDIGAやnasneで録画した番組を視聴する!!」という記事を書きました!


f:id:bambamboo333:20140707113450j:plain

【前回成功の画】


この時は家の中で同じ宅内LAN上に接続されたnasneを通して、iPadやiPhoneで録画した番組やテレビ番組を視聴できるようになりました。

しかしあくまでもこれは宅内で同一LAN上での話。
一歩でも外に出ればiPadやiPhoneからテレビ番組の視聴なんてできるわけもなく、とほほな状態です。
(;´Д`)

また録画番組の持ち出しには対応してましたが、あくまでも前もってiPadやiPhoneに取り込んでいなければ意味がない、、
慌ただしい朝にそんな余裕もなく、結局取り込みを忘れて外出先で録画番組をみることもかないません。。


そして今回は、外出先からiPadやiPhoneで録画番組も放送中のテレビ番組も観ようという試みです!!

機器の環境

まずは以前の機器環境

  • 前回
無線LANルーター AtermWG1800HP(NEC製)
テレビ VIERA(ビエラ)・・TH-P46V1
レコーダー DIGA(ディーガ) ・・DMR-BW850 / nasne (CECH-ZNR1J)
視聴機器 iPhone5/iPad Air
視聴アプリ ・DiXiM Digital TV・Media Link Player for DTV・Twonky Beam


結果として、
DIGAのチューナーを介しての放送番組の視聴や録画番組を観ることができなかった。
唯一対応したのはnasneで、nasneのチューナーを介した放送番組の視聴とnasneで録画した番組を観ることができた。
というのが前回記事の結果。
iPhone/iPadでテレビとDIGAやnasneで録画した番組を視聴する!!


  • 今回
無線LANルーター AtermWG1800HP(NEC製)
テレビ VIERA(ビエラ)・・TH-58AX800F
レコーダー DIGA(ディーガ) ・・DMR-BZT760
視聴機器 iPhone5/iPad Air
視聴アプリ Panasonic Media Access


今回、テレビとレコーダーを刷新。
そしてそれに対応するアプリ「Panasonic Media Access」に変更です。




機器の設定

テレビやレコーダーとアプリの設定方法はPanasonicのサイトが詳しいです。



この3ステップを行うことですぐに宅内及び宅外視聴ができる環境が揃いました(´▽`*)


f:id:bambamboo333:20140707113457j:plain

【今回成功の画】



若干タイムラグはあるものの放送中の番組の視聴ができます。
またDIGAの録画番組の視聴も可能です!

そして一番うれしい点が外出先から宅外視聴ができるということ(´▽`*)


LTEでもOK

以前の環境では不可能だった宅外視聴。

しかし今回の環境では外出先でも放送中の番組や録画番組を視聴できます。
先日外出先で試しにiPhoneのLTE回線で視聴をこころみたところ難なく視聴ができました。

番組を選択してから視聴開始まで回線速度によりますが10数秒で番組の画面が表示されます。

で、ここで注意したい点がひとつ!
宅内の場合は無線LANで接続されているので問題ないですが、外からの視聴にはキャリアの回線を使います。
そうです、ここで注意したいのが通信容量!
だらだらとテレビを見まくっていると携帯キャリアの7GBの通信制限にすぐに引っかかってしまう恐れが(;´Д`)


「Panasonic Media Access」の設定で宅外視聴時の画質設定は、

高画質 3.5Mbps
通常画質 1.5Mbps
低画質 400Kbps


の3種類から選択することができます。
(高画質はDIGAと接続時のみ選択可能/VIERAと接続時は通常画質と低画質のみ)

が、正直iPadで低画質400Kbpsでの視聴は画質が荒くてつらいです。
ディスプレイサイズが小さいiPhoneでの視聴でも辛い(-。-)
ワンセグよりましかどうかというレベル・・
せめて通常画質で観たくなります。

その通常画質は1.5Mbps。やはり通信制限が気になるレベルの通信量となりそうです。
PanasonicのサイトのこのようなFAQの記載がありました。

Q,LTE(4G)でリモート視聴できる時間はどのくらいですか?
A,視聴時間の目安については下記をご覧ください。

ビエラ/ディーガ 設定名 視聴時間/7GB*
ディーガ 高画質 約4時間
ビエラ/ディーガ 通常画質 約10時間
ビエラ/ディーガ 低画質 約35時間

*7GB・・・LTEの最大通信速度を保障するデータ量の制限。通信事業者やご利用のプランにより、制限データ量が異なる場合があります。


通常画質でも10時間、高画質だと映画2本分くらい観ちゃうとすでに制限に引っかかってしまいます・・・

正直これでは、この番組は!このドラマだけは!ってときくらいしか視聴ができないです(;´Д`)
日常的にテザリングでのデータ通信や、YouTubeなどの動画サイトをスマホから見ているって人になると本当に綱渡りの7GBの配分となりそうです。。


WiMAX

そんな中でお勧めなのが「WiMAX」
思いっきりテレビを楽しみたい!
そもそも毎月7GB制限さえもいっぱいいっぱい!
もっとテザリングを活用できたら仕事に趣味に捗るのに!!

って方々はWiMAXを検討してはいかがでしょうか(´▽`*)

先日このブログでも書きましたが、WiMAXは実質無制限でデータ通信が利用できます。
UQ WiMAX2+ Wi-Fi WALKER 「NAD11」開封レビュー♪ WiMAX2+受信キター!!

月4,000円近い固定出費となりますが精神衛生上すこぶるよろしいかと!

もしも7GB制限に引っかかってしまって制限を解除しようとすると、ソフトバンクの場合だと2GB追加で2,500円(税別)が発生します。
万が一、月内に2回も解除しようとした日には5,000円です。
しかもあくまでも2GBづつしか追加されないので使い切ればまた・・・orz



このようにデータ通信を日常的に使うって方にはWiMAXがおすすめです。
私は今回の宅外視聴環境が出来上がったことを機に、WiMAXルータをポチっちゃいました( ゚Д゚)苦笑

わたしは以前から毎月テザリングやなんやかんやで月末近くになると7GB制限に怯えてる日々でしたから、テレビも思いっきり楽しめて仕事も捗るとなれば安いもんです。

日頃からそんなにデータ通信しないって方であれば通常画質を多少観たとしても、日ごろから通信量をちょいと気を付けていれば大丈夫でしょう。


DIGA/VIERAとPanasonic Media Access

と話を戻して、今回の宅外視聴環境の構築。

ほんとPanasonic様々です(´▽`*)
この機能をPanasonicは「外からどこでもスマホで視聴」として展開しています♪
iOS向けの視聴アプリ「Panasonic Media Access」は先日公開されたばかりです。リリース間もないためか、たまに挙動が不安定の時もありますけど
( ゚Д゚)


Android版はまだ公開されていないようですが、いずれ公開予定だそうです。

また、「外からどこでもスマホで視聴」対応するDIGAやVIERAはこちらで公開されています↓
「外からどこでもスマホで視聴」対応機器一覧

「外からどこでもスマホで視聴」に関する疑問はこちらで解消!
「外からどこでもスマホ視聴」よくある質問


iOSデバイスをお持ちの方で上記の対応機器をお持ちの方はぜひお試しあれ♪
電車での移動中、お昼休み、ちょっとした空いた時間の過ごし方がガラっと変わるサービスです。

ではみなさん、よいモバイルライフを♪
今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG