読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple 5.5インチiPhone6の発売は2015年までずれ込む?

iPhone6 Apple iPhoneNEWInfo
スポンサード リンク
あとで読む

このブログですっかりおなじみになったKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏。同氏はAppleの新製品のリリース予測に関してこれまでにも実績のあるアナリストです♪

Apple 「iWatch」11月に量産開始か?発売はいつ?など


f:id:bambamboo333:20140714144544j:plain


iPhone6

今年Appleは4.7インチと5.5インチの2モデルの次期iPhoneをリリースするのではと噂されています。
これまでに漏れ伝わってくる情報を考えると、Appleが2つのモデルのiPhoneを開発しているのは間違いないかと思われます。

また、4.7インチのモデルに関しては今年9月にでもリリースされると推測されています。

Apple iPhone6のリリースは9月の金曜日に来る!工場出荷は8月後半にも開始か?

ここにきて冒頭のMing-Chi Kuo氏が5.5インチiPhone6のリリースが2015年までずれ込む可能性があると推測しています。


開発の遅れ

Ming-Chi Kuo氏いわく、5.5インチiPhone6の製造過程で筐体のカラーリングでムラが起きる不具合や、インセル式タッチパネルの不具合にAppleが直面しているとのこと。

5.5インチiphone6のために新しく取り入れた筐体の製造プロセスに不具合があり、カラーリングにムラが発生し生産効率が悪いこと。
より大きなディスプレイとなった5.5インチのタッチパネルで反応が均一でない不具合がおきており、このインセル式タッチパネルの歩留まり問題が出ているとのこと。
 
また5.5インチモデルのディスプレイに採用されるとみられている素材であるサファイアディスプレイ。
Appleがデバイス用のサファイアディスプレイの大量生産を準備。

このサファイアディスプレイの生産に関して、耐久試験に合格する品質を維持することにも苦慮している模様。


こういった諸般の問題により、当初は4.7インチモデルと同時リリースを計画していたAppleが生産計画を見直さなければならなくなっていると推測。


2015年

Ming-Chi Kuo氏はこういった事情から5.5インチiPhone6のリリースが下手すると来年2015年までずれ込む可能性を指摘しています。

もしくは4.7インチiPhone6との同時リリースには間に合わないものの、年内10月以降にAppleは5.5インチモデルを数量限定でリリースする可能性もあると予測しています。


先日にはAppleが新しい分野の製品で、開発に取り組んでいるとされるスマートウォッチ「iWatch(仮)」についても、その製造上の問題によって年内リリースが難しいかもしれないと指摘したMing-Chi Kuo氏

5.5インチiPhone6とともにApppleは新製品の開発にかなり苦心しているのかもしれません。
実際にリリースされるのがいつの時期になるのか不明ですが、Appleからの発表に注目していきたいです。

今回は以上です。
ほなまた。

via MacRumors

と、この記事は初めて外出のお供として持って出かけた「新しい ThinkPad X1 Carbon」を使って出先で書いてみました♪
家で使う大き目のノートに比べてちょっと制約があるものの(キー配列の違いで使い勝手が・・・( ;∀;))、しかしブログ更新程度であれば問題なく概ね良好です!♪
評判の「新しい ThinkPad X1 Carbon」試用レビュー♪ 180度フラットに開くすごいやつ!

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG