読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NFC搭載が実現したApple iPhone6/6Plus。おサイフケータイとして使えるの?「ApplePay」とは?

NFC iPhone6 iPhoneNEWInfo
スポンサード リンク
あとで読む

先日Appleのスペシャルイベントで発表されたiPhone6/6Plus。
みなさん念願の?NFCがついに搭載されました(*´▽`*)


f:id:bambamboo333:20140911065614j:plain



おサイフケータイ

このブログでも度々とりあげてきたNFCとおサイフケータイの話。
結論からいえばNFC=おサイフケータイではないです。

NFCが搭載されたからといって、すなわち「おサイフケータイ」機能が利用できるわけではないということ。

その辺りのことはこちらの記事が詳しいです。




NFCにも複数の規格があり、「おサイフケータイ」サービスで利用されている規格は「FeliCa」という規格。日本独自といってもいい規格で、海外ではほぼ利用されていない規格です。
海外でよく使われているNFCの規格はTypeA/Bと呼ばれているもので、今回発表されたiPhone6/6Plusに搭載されているNFCにはこのTypeA/Bという規格のものが採用されている可能性が高いというわけです。

「iPhone6/6Plus」のNFCが「Felica」に対応したものでなければ「おサイフケータイ」機能は使えないということになります。


Apple Pay

今回Appleから発表されたNFCを利用するサービスに「Apple Pay」があります。これは「おサイフケータイ」と似ているサービスですが、似ていて非なるサービス。

「Apple Pay」はiPhone をかざすだけで商品やサービスの支払いができる「おサイフケータイ」によく似た決済サービスです。
しかし「おサイフケータイ」と違いはAppleが開発しサービスを提供するサービスであるということ。
「Apple Pay」ではクレジットカードを登録して決済に利用します。利用したいクレジットカードをカメラで取り込むだけで完了するそうです。


f:id:bambamboo333:20140911140732j:plain

【 Image Source: APPBANK


f:id:bambamboo333:20140911140741j:plain

【 Image Source: APPBANK



クレジットカードをカメラで撮影するだけで設定できるというのはとても簡単ですね。
セキュリティが心配との声が聞こえてきそうですがAppleは厳重なセキュリティのシステムを構築しています。

クレジットカード番号の代わりに一意なDevice Account Numberを暗号化してSecure Elementに保存し、決済ではセキュリティコードの代わりにDevice Account Numberで生成するワンタイムの番号を使う。従来のクレジットカードのように店員に提示する必要もないので、セキュアだとしている。Appleはユーザーの購入履歴データを収集しない。また、もし端末を紛失しても、「iPhoneを探す」でワイプすることで端末での決済を停止できる。
新iPhoneとApple WatchのNFCモバイル決済「Apple Pay」 - ITmedia ニュース



サービス開始時点で利用できるクレジットカードのブランドはVISA、MasterCard、American Expressの3社とのこと。


まずはアメリカから

この「Apple Pay」サービスは2014年10月からまずはアメリカでサービスインする予定。
現時点で日本でのサービス開始時期は未定です。

「Apple Pay」サービスを利用するには商品やサービスを提供する小売業者や企業が「Apple Pay」に対応した端末を店舗などに導入する必要があるため、すぐにいろんなところで利用できるようになるわけではありません。
アメリカでのサービスイン後に徐々に利用できるところが広がっていくものだと思われます。
日本でのサービスが開始されたとしても如何に対応端末が普及していくかが鍵となりそうです。


おサイフケータイ

「iPhone6/6Plus」に搭載されたNFC。
現段階では「NFC」搭載との情報しかないので推測ですが、上記の通りこの「NFC」が対応している規格はおそらく「TypeA/B」と呼ばれる規格だと思われます。

「Felica」規格に対応しているNFCのチップであればすぐさま「おサイフケータイ」となるのですが可能性は低いように思います。

しかしだからといって諦めるのは早計です。
技術革新は日進月歩で進んでいます。現在日本では”「NFC」を搭載しているけれども「Felica」に対応していないスマホ” でも「おサイフケータイ」や「モバイルSuica」といった「Felica」必須のサービスを利用できる技術の開発が行われています。
「HCE-F」という技術です。詳しくは下記記事からどうぞ。



まだまだ開発の途上であり実際に利用できることになるのはまだまだ先の話のようですが、近い将来には「iPhone6/6Plus」に限らずNFCを搭載しながら「おサイフケータイ」が利用できなかったスマホで「シャリーン」「ピッ」とできる日がやってくるでしょう。


iPhone6/6Plus

Appleから登場した「iPhone6/6Plus」。
ついにNFCが搭載されました。しかし「おサイフケータイ」が利用できる可能性は現時点では低いようです。
が、、Appleが始める決済サービスである「Apple Pay」。そして現在技術開発が進んでいる「HCE-F」。
こういったサービスや技術がいつの日か日本に普及する日がやってくると思います。そうすると私たちの生活の中で「iPhone6/6Plus」が大活躍です
(*´▽`*)

iPhoneにNFCが搭載された2014年。
数年後の日本にとっての大きな節目の年となっているのかもしれませんね。
では、今回は以上です。
ほなまた。

via ITmediaAPPBANK

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG