読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iPhone6/6Plus分解レポート】工具はブーメランが最適!?おなじみの「iFixit」が分解レポートを公開

iPhone6 iPhoneNEWInfo Apple
スポンサード リンク
あとで読む

新しいiPhoneの分解などでおなじみの「iFixit」
さっそく「iPhone6」と「iPhone6 Plus」の分解レポートを公開しています。


f:id:bambamboo333:20140921155552j:plain

【 Image Source: ifixit



iPhone6

上記の画像は「iPhone6」を分解しつくした画像。
本当に細かいパーツがたくさんです。

「iFixit」では分解の様子を一から詳しく画像付きで公開。
その画像をみていると、さらに薄くなったiPhone本体にぎっしりとパーツが組み合わさっている様子が見てとれます。


ブーメラン?

「iPhone6」の分解レポート


f:id:bambamboo333:20140921160348j:plain

【 Image Source: ifixit



まずはディスプレイパネルを開いてと、


f:id:bambamboo333:20140921155353j:plain

【 Image Source: ifixit



そして次はこれを使って。。分解っと。。と?

ん!?
ぶ・ぶーめらん??(。´・ω・)?

なぜかここでブーメランが登場です。
「iFixit」の分解レポートのStep6で見間違えようもなく「ブーメラン」が登場しています苦笑


この段階で使う工具は「ブーメラン」が最適なようです。。( ̄▽ ̄)

「iFixit」ではこれをブーメラン工法と名付けています。
一見するとブーメランの不適切な利用方法に見えるかもしれまえんが、専門家が監修し立会いの下で行われたと「iFixit」は主張しています。。(´・ω・`)


と、こんな冗談を織り交ぜながらも順調に分解は進み、最後まで分解された「iPhone6」がこちら♪

f:id:bambamboo333:20140921155552j:plain

【 Image Source: ifixit



iPhone6 Plus

「iFixit」では「iPhone6 Plus」も同じく分解しレポートを公開。
分解しつくされた「iPhone6 Plus」がこちら♪


f:id:bambamboo333:20140921161307j:plain

【 Image Source: ifixit



「iPhone6」と「iPhone6 Plus」

ディスプレイサイズが異なる「iPhone6」と「iPhone6 Plus」。
その違いは搭載されているバッテリー容量の違いや、光学手ぶれ補正機能の搭載など、見た目以上に違いがあります。
今回「iFixit」が公開した分解レポートをよくよく見比べるとその違いを見て取ることができます。

「iFixit」の詳細な分解レポートはこちらからどうぞ♪


では、今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG