読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple 12.9インチ「iPad」の量産が遅れるとの報道「iPhone6 Plus」の需要に応えるために。

Apple iPad iPhone6 OS X
スポンサード リンク
あとで読む

MacRumorsより。
Appleから発表が噂されている12.9インチのディスプレイを持つ新しい「iPad」
その「12.9インチiPad」が当初12月からの量産を予定していたところ、来年初頭まで遅れるのではないかとWall Street Journalが報じていることを伝えています。


f:id:bambamboo333:20141010071634j:plain



iPhone6 Plus

Appleの事情に詳しい情報筋の話として、「12.9インチiPad」の量産が遅れる理由として逼迫している「iPhone6 Plus」の需要を優先するためだとのこと。

需要が大きい「iPhone6 Plus」の生産にサプライチェーンは専念する必要があり、ディスプレイメーカーが新しい「12.9インチiPad」用のディスプレイを生産するための設備を割り当てる余裕がない模様。

ディスプレイメーカーが「12.9インチiPad」用のディスプレイを生産するのは数か月後先になるものとみられます。

また、新しい「12.9インチiPad」は現行の「iPad Air」と同様の解像度(2048×1536)となるようだと伝えています。


12インチMacBook Air

情報筋の話として新しい「12.9インチiPad」の量産が遅れることに加え、12インチディスプレイを搭載した新しい「MacBook Air」の量産をAppleが12月に開始する方向で調整しているとも伝えています。


スペシャルイベント

Appleは来週10月16日にスペシャルイベントを開催することをアナウンスしており、「Retina搭載iMac」や次期「iPad Air」、次期「MacOS X」である「OS X Yosemite」の正式発表が行われることが予測されています。




今回の報道にあがった「12.9インチiPad」や「12インチMacBook Air」についての発表があるのか?ないのか?本当に量産が遅れており発売が遅れるのか?

そのあたりのことを含め、どういったスペシャルイベントとなるのかに注目したいです(*´▽`*)

今回は以上です。
ほなまた。

via MacRumors

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG