読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone6sに採用されるかも!?強度を増した「ゴリラガラス4」!!

Apple Apple-iPhone6s
スポンサード リンク
あとで読む

「iPhone6」と「iPhone6 Plus」が発売されてまだ間もないですが、話は早々に次期iPhoneのこと。
先日、コーニング社から「ゴリラガラス」の新製品「ゴリラガラス4」が発表されました。


f:id:bambamboo333:20141125141147j:plain



サファイヤガラス

現行の「iPhone6/6Plus」の発売前に世間を賑わしていたサファイヤガラス
これまでに発売されてきたどのスマホに採用されているディスプレイ素材よりも最強の強度を持つディスプレイ素材として注目されていました。


しかし結果的には「iPhone6/6Plus」での採用は見送られた挙句に、サファイヤガラスの製造パートナーであったGT社が倒産してしまうという憂き目に。。(*´Д`)


ゴリラガラス3

現行の「iPhone6/6Plus」にはコーニング社の「ゴリラガラス3」が採用されています。
もしGT社が倒産しなければ、サファイアガラスが搭載されていたのかというと。。おそらくですが当初Appleはサファイアガラスが採用する方針だったのではないかと思います。


ゴリラガラス4

そして今回コーニング社から発表されたのが「ゴリラガラス4」
一般的な保護ガラスに採用されているアルミノ珪酸塩に比べ2倍以上の耐久性を持っていることが特徴とのこと。
また傷耐性テストでは現行の「ゴリラガラス3」と比較しても0.4mmの厚さでは5倍程度、また厚さ1mmでは1.7倍ほど強度が強いとしています。


1mの落下試験

「ゴリラガラス4」の強度を示す試験の動画が公開されています。




同社の実験によると、「ゴリラガラス4」を採用したデバイスを1mの高さから落下させても80%は割れないとのこと。また、その厚さは0.4〜2mmまで自由に加工できるそうです。


iPhone6s

「iPhone6/6Plus」に採用されることなくGT社の倒産により頓挫してしまったサファイヤガラス。
このまま有効なサファイヤガラスの供給体制が整わないままだとすれば、Appleの次期iPhoneである「iPhone6s(仮)」にはこの「ゴリラガラス4」が採用されるのではないかと考えられます(*´▽`*)


技術の進化は日進月歩といいますが、次から次へと新しい素材が誕生しますね(*'▽')
これまで「iPhone」ユーザーの最大の憂慮すべき関心ごとであったディスプレイの破損。しかし「サファイヤガラス」の採用がムリだとしても「ゴリラガラス4」の登場でその心配の種がひとつ軽減されそうです!!
では、今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG