読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneを持ってるだけでNHKの受信料を払わないといけなくなる!?

iPhone スマホ
スポンサード リンク
あとで読む

iPhoneやスマホ

いまや老若男女、日本国民の誰しもが持っている!といっても過言ではないくらいiPhoneやスマホをはじめ携帯端末デバイスが普及しています。


f:id:bambamboo333:20150115141129j:plain


NHK

そんな中、衝撃的な記事をiPhone Maniaさんで見つけました。

iPhoneを使用していたら、NHKの放送受信料を支払わないといけない – そんな時代が来るかもしれません。


とした記事を書いています。

(´・ω・`)
(*´Д`)
( ゚Д゚)

これは聞き捨てならない話題です。

受信料

そもそもNHKの受信料とはどういったものなのか。

Wikipediaによれば、

日本放送協会が受信料を取る理由として、「いつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を分け隔てなく伝える」という目的達成のため、また特定の勢力や団体に左右されない独立性を担保するため、とNHKは説明している。また、NHKはその法的根拠を放送法に求めている。

NHKは放送法を根拠に、受信設備を設置した者には受信契約を結ぶ義務があるとしている。放送法第2条において「放送」は、「公衆によつて直接受信されることを目的とする電気通信の送信(他人の電気通信設備)を用いて行われるものを含む。」をいう。また受信契約・受信料に関しては放送法第64条(旧第32条)に基づく


としています。

文中の受信設備を設置した者には受信契約を結ぶ義務がある。ここがNHKの受信料の根本といえる部分のようです。

ようするに、テレビといったNHKの放送を受信できる設備を持つものは受信料を支払う義務があるよぉ!ということのようです。


iPhoneやスマホも?

ん、!?
でも、現在のスマホにはテレビを受信できる端末がいくつか存在しますが、iPhoneをはじめテレビを受信できない端末があるのも確かです。
なのに、

iPhoneを使用していたら、NHKの放送受信料を支払わないといけない – そんな時代が来るかもしれません。


とはどういうことだと、疑問が疑問を呼びます。。


ネット上での同時配信

この疑問に答えるようにiPhone Maniaさんでは詳しく解説してくれています。

NHKは平成27年4月より、テレビで放映している番組の一部をネット上でも同時配信することを予定しています。これにより、テレビの設置を基に放送受信料の公平負担が定まっている放送法や、受信料制度の見直しを本格化させる見通しで、場合によってはインターネット閲覧小型デバイスである、iPhoneを含めたスマートフォンについても、受信料徴収の対象となる可能性があります。



そうなんですね。。
私は知りませんでしたが、NHKはこの4月よりテレビで放映している番組をネットで同時配信する予定なんですね。


このネットでの同時配信開始によってiPhoneやスマホといったネット接続できる携帯デバイスでも、NHKの番組を見ることができるようになる。

ということはiPhoneやスマホがNHKのいうところの受信設備に該当することになるよぉ!ってことでしょうか。。

かなり強引な論法とも思えなくもないのですが、おそらくそういうことでしょう。。(*´Д`)


いつから?

と、ここまでiPhoneなどスマホを持っているだけでNHKの受信料の支払いが必要になるかも?という話でしたが、あくまでも可能性の話です。。

いついつから徴取が始まる!などといった具体的な話はまだ何も決まっていない状況のようです。
ただNHKが今後そういった方針で話を進めていこうということ。

みなさんは今回の話どう思いますか?
なかなかNHKは思い切った方針へと舵を切るようですが、この後、より具体的な話となってきたときには各方面から賛否の意見が上がってきそうな話であることは必至です。

ちなみに我が家ではNHKの受信料、きちんと支払ってますよ!

今回は以上です。
ほなまた。

via iPhoneMania

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG