読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Samsung、iPhone6s向けのApple「A9」プロセッサを大量供給か?

次期iPhone Apple iPhoneNEWInfo
スポンサード リンク
あとで読む

Apple「 A9」プロセッサ

REUTERS(ロイター)によると、韓国の毎日経済が報じた話として、Samsungが、Appleの次期iPhoneに向けてチップを供給する主要サプライヤーになると伝えています。


f:id:bambamboo333:20150126220646j:plain


このチップはiPhone6s(仮)に搭載されるであろう、Apple「A9」プロセッサのことだと推測されています。



Samsung

今回の報道によると、Samsungが受注したチップ生産の割合は75%にも及ぶとのこと。

以前には、台湾メディアDigiTimesが業界関係者からの情報として、A9チップはSamsungと米Globalfoundriesが合計で全体の70%を受注したと報じていました。
今回の話が事実だとすれば、Samsungの占める割合が高まったこととなります。

一体全体どうしたことでしょうか。。


SamsungとApple

AppleとSamsungの関係は良いとは決して言えない状況です。
ApppleができるだけSamsungへの依存を脱却しているとさえ噂されていました。





過去にも、現行のApple「A8」プロセッサの生産について上記の記事のように、AppleがSamsung離れを加速させているのではないかと報じられています。


TSMC

また、「A9」プロセッサの生産については、台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー(TSMC)が生産の受注を巡って争っているとの話もあります。


Samsungが75%もの生産を受注したという今回の報道。
ちょっと信じられない気もしますが、実際のところはどうなんでしょうね。。(*´Д`)

なお、REUTERSの伝えるところによると、

毎日経済はこの契約の金銭的な額や他のサプライヤーについては言及していない。
サムスンは米テキサス州オースティンの工場でチップを生産するという。
同社の広報担当者は市場の憶測にはコメントしないとしている。アップルからのコメントは得られていない。


としています。


現時点では、実際にApple「A9」プロセッサ生産を受託するサプライヤーがどこになるのか不明です。

via REUTERS(ロイター)

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG