読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドコモ、最大225Mbpsの「LTE-Advanced」サービス「PREMIUM 4G」を発表

docomo 4G
スポンサード リンク
あとで読む

NTTドコモは2月25日、LTE通信を高度化し、受信時最大225Mbpsを実現した高速通信サービス「PREMIUM 4G」を3月27日に提供開始すると発表しました。2015年度中には300Mbpsへの高速化が計画されています。


f:id:bambamboo333:20150226121629j:plain



「PREMIUM 4G」

今回ドコモが発表した「PREMIUM 4G」
これはLTEをさらに高度化した通信方式「LTE-Advanced」を使用した通信サービスです。

「LTE-Advanced」は、LTEのさらなる高速化・大容量化を実現する通信方式で、ドコモは、「LTE-Advanced」の主要技術の1つである「キャリアアグリゲーション」により、サービス開始時に国内最速となる受信時最大225Mbpsの通信サービスを提供し、2015年度内には300Mbpsまで高速化を進める予定とのこと。


f:id:bambamboo333:20150226121959j:plain


エリア

提供開始当初の利用可能エリアは全国22都道府県の都市部で2015年度中には全国の主要都市に拡大し、さらに300Mbpsへと高速化する計画とのことです。

なお、サービスエリアについてはコチラで確認することができます。



対応端末

エリアの他に気になるのが対応端末。
ドコモによれば、サービス開始当初は2機種(モバイルWi-Fiルーター)が「PREMIUM 4G」に対応し、2015年度早期に「LTE-Advanced」対応のスマートフォンを発売するなど、順次拡大していく予定と発表しています。

サービス開始当初に対応する2機種のモバイルWi-Fiルーターは下記の2機種です。すでに発売中の「HW-02G」と、3月発売予定の「L-01G」が対応するとのこと。


f:id:bambamboo333:20150226122657j:plain
f:id:bambamboo333:20150226122709j:plain


概要

ドコモが発表を行った概要は以下のとおりです。

1. サービス内容
  • データ通信 受信時最大225Mbps/送信時最大50Mbps

2. サービス開始日(予定)
  • 2015年3月27日(金曜)

3. サービス特長
  • 「キャリアアグリゲーション」により、受信時最大225Mbpsを実現。(高速化)
  • 「アドオンセル」の導入により、通信トラフィック集中エリアにおいても、快適な高速通信を実現。(大容量化)
  • 「高度化C-RAN」の導入により、「キャリアアグリゲーション」「アドオンセル」の特長を活かした安定した高速通信を実現。

4. プロモーションワード


f:id:bambamboo333:20150226123052j:plain

5. 対応機種
  • サービス提供時点では、モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G(2015年2月18日(水曜)発売)」「Wi-Fi STATION L-01G(2015年3月発売予定)」が対応となり、2015年度早期に対応スマートフォンを発売する予定です。

6. サービス対応エリア
  • 全国22都道府県からサービス提供。2015年度には全国主要都市でも順次サービスを提供予定。


今回は以上です。
ほなまた。

via NTTドコモ

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG