読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「iPhone6S」はもう曲がらない?筐体の強度が大幅にUPか!?

Apple Apple-iPhone6s
スポンサード リンク
あとで読む

曲がるiPhone

一時期の猛暑も落ち着いてきて一息といった日々の今日この頃です。
みなさん如何お過ごしでしょうか?

今日は「iPhone6S」の筐体の強度UPについての話題。


f:id:bambamboo333:20150820122901j:plain



iPhone6

昨年リリースされた「iPhone6」
ズボンの後ろポケットなどに入れたまま座ってしまったりと、筐体に強い力が加わると曲がってしまうという事象が話題になりましたね。

Twitterにて「iPhone6」「曲がる」と入力して検索してみると、あちらこちらでその悲報が呟かれています。。。
ほんの一部ですが、こちらです。











iPhone6S

上記のように大事な大事な「iPhone」が曲がちゃったよぉ。。
というツイートがTwitterには溢れかえっておりました。。(;´・ω・)

と、来月にリリースを控えている「iPhone6S」では、このような問題が解決されるかもしれません。

MacRumorsの記事より。
「iPhone6」には6000番台と言われるアルミ合金が採用されていたそうですが、「iPhone6S」ものとされる筐体は亜鉛の含有量が高く、より強度が高い「Apple Watch Sport」の筐体にも採用されている7000番台と言われるアルミ合金が採用されている模様です。

この7000番台と言われるアルミ合金は6000番台のものと比べて2倍以上の強度を誇っているそうです。

今回の「iPhone6S」の筐体の成分分析を行ったのはUnbox Therapy
Unbox Therapyは今回の分析の様子をYouTubeにて公開しています。

また、動画では成分分析のほかに動画の後半で実際に曲げ強度のテストも行っており、「iPhone6」の筐体は約30ポンドの圧力で曲がり始めるものの、「iPhone6S」の筐体は約80ポンドまで持ちこたえられるようになって、より強度が増している事が分かります。

その動画がこちらです。





実験の様子をみるとかなり強度がUPしていることがわかります。

とはいえ、大事な大事な「iPhone」です。
「iPhone6S」を購入するよって方々は、いくら強度がUPしているからと言って、無理な圧力がかかることはやめたほうがいいことに変わりはありません。
大切に使いましょうね。。

今回は以上です。
ほなまた。

via MacRumorsUnbox Therapy

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG