読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iPhone6s/6s Plus】本当に水濡れに強くなったのか?各種耐水性テストの結果

Apple Apple-iPhone6s
スポンサード リンク
あとで読む

iPhone6s 水濡れ

iPhoneの大敵といえば「水」
販売開始と同時に、世界中で「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」の耐水性テストを行う猛者たちがその様子をネットで公開してくれています。


f:id:bambamboo333:20151002125958j:plain



耐水性テスト

まずは水に1時間以上浸した「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」の動作テストの動画がこちら♪




動画では、水中から取り出した後も、3D Touchやホームボタン、電源ボタンが問題なく使用出来ていることが確認出来ます。

これまでの「iPhone」では考えられないくらい耐水性が向上したように見て取れます。


熱湯

上記のテストでは「水」に浸した状態での耐水性テストでしたが、世界にはもっと驚くテストを行った猛者もいます。
「iPhone6s」を熱湯で茹で上げてみた!というテスト動画です。




熱湯に浸した「iPhone」はほんの数秒で画面が消えてしまいます。
しかし、取り出したところ「温度が高いよぉ」というメッセージが表示されるのみで、操作はできる状態のようです。
( ゚Д゚)

これはかなりの耐水性!?ともいえるようです。


内部に水

が、しかし、ここまで驚愕の耐水性テストの結果を取り上げてみましたが、やはりというのか、「iPhone6s」は完全防水ではないのだなぁと痛感させられるテスト結果もネットで公開されています。
次の耐水性テストでは、「iPhone6s」を約2分間水没させた後、内部にどれくらいの水が浸透しているのかを分解して明らかにしています。




結果としては、「iPhone6s」の内部には大量の水が侵入していたことが判明。
( ゚Д゚)

f:id:bambamboo333:20151002132055j:plain


本体ケースは水が入らないように接着材でシーリングはされていますが、Lightningポート、マイク、ヘッドフォンジャック、スピーカー、ミュートスイッチ、ボリュームボタンから水が入っていたようです。


故障

最後にご紹介する耐水性テストの動画では、水中で「iPhone」を操作させると、みごとに動かなくなってしまったという結果に。。




水は大敵

いくつもの耐水性テストの結果をご紹介してきましたが、
やはり「iPhone」にとって水は大敵だということを実感します。
歴代の「Phone」の中で比較すると、「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」の耐水性は若干向上しているというくらいに認識していたほうが良いみたいですね。

大事な大事な「iPhone」です。
結果としては水没や水濡れに注意しながら使用するのが健全な使用方法のようです。

今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG