読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple 「iOS9.1」をリリース!その変更点は?アップデート方法は?

Apple Apple-iOS
スポンサード リンク
あとで読む

iOS9.1

本日未明、Appleが「iOS9.1」をリリースしています。


f:id:bambamboo333:20151022112349j:plain



iOS9.1の変更点は、下記の通り。

主な変更点

  • Live Photosで、iPhoneを上げたり下げたりしたときの録画を自動回避するため、それらの動きをインテリジェントに感知する機能を追加
  • Unicode 7.0および8.0の絵文字に完全対応した、150以上の新しい絵文字

などなど

変更点の詳細はアップデート画面にて表示される項目で確認することができます。


f:id:bambamboo333:20151022112621j:plain

アップデートはiTunesへの接続もしくはOTAで更新することができます。


iOS9.1へのアップデート方法

iOS9.1へのアップデートはパソコン(iTunes)に繋がなくてもiPhone単体でできるOTAで行うと便利です。
OTAとは「Over The Air」の略称です。

手順はいたってシンプル
ホーム画面より

  • 「設定」→「一般」→「ソフトウエアアップデート」


ここからアップデートを行うことができます。

アップデート作業の注意点として、まずはアップデート中の不慮の事態に備えてバックアップをしっかりと取ったうえで行うことが肝心です。いざという時にバックアップがあれば元の状態へ戻すことが出来ます。

また、パソコン(iTunes)を介さないOTAでのアップデートではネットに接続している回線によってスピードや安定性が大きく左右されます。
できるだけ高速で通信が安定しているWi-Fiに接続して行いましょう。
3GやLTEでは接続や速度が不安定なため予期せぬ不具合などトラブルの原因となる恐れがあります。

またバッテリー残量にも気を付けてください。バッテリーがほとんどない状態で行うとアップデートの途中で電源が切れてしまい、こちらでもアップデートが完了せずに不具合がおきてしまう可能性が大きいです。

バックアップをしっかりと取ったうえで安定したWi-Fiに接続し、電源に接続しバッテリをしっかり確保した状態で行うことがベストです。


アップデート所要時間

私が現在使用している「iPhone6S」でOTAアップデートを行ったところ、Wi-Fi接続でのダウンロードまでに5分。インストールの完了までにトータルで15分ちかくかかりました( ̄▽ ̄)

Appleのサーバの混み具合なども影響があるかのかと思いますが、アップデートを行う際には時間に余裕をもって行うようにしましょう。


キャリア設定アップデート

また、今回の「iOS9.1」へのアップデートとともに、キャリア設定のバージョンもアップデートされていました。

  • アップデート前


f:id:bambamboo333:20151022113053j:plain

  • アップデート後


f:id:bambamboo333:20151022113113j:plain


私が使用しているiPhoneのキャリアはソフトバンクです。
iOSアップデート前には「ソフトバンク 21.0」だったバージョンが、iOSアップデート後には「ソフトバンク 22.1」にアップデートされていました。。

このキャリア設定のアップデートによって、どのような変更がなされたのか詳細は不明です。

過去には、テザリングへの対応やVoLTEへの対応の際にキャリア設定アップデートが実施されたことがあります。
なんらかの変更がiPhoneにもたらされているのかと思います。


不具合は?

さて、今回の「iOS9.1」

いまのところ不具合らしい不具合は見受けられていません。
「iOS9.0.2」までに確認されていた複数のバグ(不具合)へ対処したものとなっているようです。

しかし新しいバージョンのiOSへのアップデート時には、いつもなんらかの不具合が世界中で取り上げられてくるのはお馴染みです。
今回の「IOS9,1」へのアップデートを即行で行うのも良いすし、少し様子見するのもありだと思います。

では、今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG