読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Apple Watch2】LTE通信をサポート!? GPS機能、高速「S2」チップを搭載してiPhoneが不要に!?

Apple Apple-AppleWatch
スポンサード リンク
あとで読む

Apple Watch 2

6月に開催されるAppleの開発者向けイベントWWDC2016。
そのWWDCにて発表されるのではないかと噂されているのが次期「Apple Watch」である「Apple Watch 2(仮)」です。


f:id:bambamboo333:20160411103016j:plain

【 現行モデルの「Apple Watch」 】



LTEでモバイル通信をサポート!?

この「Apple Watch 2」
WSJが報じた内容によると、「Apple Watch 2」は、すでに発売されている他メーカーのLTE対応スマートウォッチのようにモバイルデータ通信機能を搭載し、「Apple Watch 2」単体のみでの利用が容易になるのではないかとしています。


現行モデルの「Apple Watch」に搭載されている「S1」プロセッサは、Appleが開発した低消費電力のカスタムチップです。
これにより「Apple Watch」は丸1日充電なしで動作するものの、その処理性能は低く抑えられているともいわれています。
動作可能時間を確保するための苦渋の決断といったところでしょうか。。

また現行モデルでは、モバイルデータ通信機能やGPS機能も省かれたため、常にiPhoneを近くに置いて使う必要がありました。


アプリのネイティブ化を義務付け

そんな中、Appleはつい先日、6月1日以降に申請する「Apple Watch」向けアプリはすべてネイティブ動作をサポートするよう義務付けました。

すべてのアプリにネイティブ動作を義務付けるということは、現行のモデルはともかく、「Apple Watch 2」ではそれなりに処理能力の向上と、バッテリー持ち時間の改善がなされているのではないかと推測できます。

ネイティブアプリの利点は、それ以外のアプリと比較して動作が高速である点です。
さらに、単独での動作が可能になるため、フィットネス系のアプリを使ってランニングに出る場合などといった場合に「iPhone」を持っていく必要がなくなるといった利点もあります。


GPSや高速チップを搭載!?

また、Appleに関する噂を扱う米国の大手メディアであるAppleInsiderでは、今回のLTEでのモバイルデータ通信をサポートするとする内容のほかに、高速な「S2」チップを搭載し、さらにGPSをサポートする。そしてその発売時期は9月になるようだと伝えています。

今回のWSJが報じた内容と大きく相違ない内容となっています。
 
報道が真実だとするならば、Appleがより高速でより低消費電力化を果たした「S2」チップの開発に成功したことが伺えます。
そして「Apple Watch」単体での利用がより簡単により便利にできるように、モバイルデータ通信機能とGPS機能を搭載させてくるということではないでしょうか。


あくまでも噂レベルの報道ですが、Apppleが大幅に進化した「Apple Watch」として「Apple Watch 2」を投入してくる可能性が高いように思えてきます。


WWDC2016

WWDC2016での発表があるのか?
モバイルデータ通信機能を搭載するのか?
「S2」チップや、GPS機能を搭載するのか?
そして、本当に9月発売となるのか?


まだまだその真相はベールに包まれていますが、Appleが大幅なアップグレードを果たした「Apple Watch」を投入してくることに期待が膨らみますね♪

今年のWWDCは、米国時間6月13日から17日にかけて開催される予定となっています。
その場で次期「Apple Watch」の発表が行われるのかに注目ですね!


今回は以上です。
ほなまた。

via WSJAppleInsider

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG