読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Dropbox】無料ユーザーは注意!仕様変更で自動カメラアップロードができなくなる!

Apple Apple-アプリ
スポンサード リンク
あとで読む

Dropbox

何かと便利なクラウドストレージサービスである「Dropbox」


f:id:bambamboo333:20141127150056j:plain


iPhoneやスマホで撮影した写真などを、「Dropbox」にアップロードして保存しているユーザも多いのではないでしょうか?
かくいう私も、無料ユーザ(Dropbox Basic アカウント)として、「Dropbox」を活用している一人です!(^◇^)



f:id:bambamboo333:20160624143556p:plain

カメラアップロード

「Dropbox」の便利な機能として「カメラアップロード」機能がありますね。
iPhoneやスマホで撮影した写真を、自動的にクラウド上にアップロードしてくれる機能です。


この「カメラアップロード」機能の仕様変更を「Dropbox」が発表しています。。
なんと、無料ユーザ(Dropbox Basic アカウント)は、一定の条件を満たさないと、自動「カメラアップロード」機能が使えなくなるとのこと。


これは一大事ですぞ!!
というわけで、どうすれば自動「カメラアップロード」機能を継続して利用できるかという話。


アップロードできなくなるのは?

まず、「Dropbox」のカメラアップロードの仕様変更がなされる日は、
2016年7月22日から。


Dropboxのヘルプセンターにこのような案内がなされています。

カメラアップロードは Dropbox モバイル アプリに搭載されている機能です。同機能はご利用されているスマートフォンやタブレットから写真や動画を自動的にアップロードすることができます。

2016年7月22日に Dropbox Basic アカウントでカメラアップロードの動作が変更されることになりました。



この7月22日以降には、一定の条件を満たしていないと自動「カメラアップロード」機能が使えなくなるとのこと。


対処方法

では、「カメラアップロード」を継続して利用するための条件とは?

これもDropboxのヘルプセンターに記載がありました。

カメラアップロードの変更について

カメラアップロードは Dropbox モバイル アプリに搭載されている機能です。同機能はご利用されているスマートフォンやタブレットから写真や動画を自動的にアップロードすることができます。

2016年7月22日に Dropbox Basic アカウントでカメラアップロードの動作が変更されることになりました。
この日付より、Dropbox Basic のユーザーがカメラアップロードを引き続き使用するには、Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールする必要があります。

Dropbox アカウントにパソコンがリンクされていない Basic ユーザーの方は、以下の 2 つの方法のいずれかでカメラアップロードを有効にすることができます。

  • パソコンをリンクする:Dropbox デスクトップ アプリケーションをダウンロードすると、今まで以上にカメラアップロードが管理しやすくなります。Dropbox Basic アカウントに保存する必要がない写真や動画へのアクセス、整理、削除を簡単に行うことができます。

  • Dropbox Pro にアップグレードする:Dropbox Pro には 1 TB(1,000 GB)の容量が含まれているほか、もっと多くの共有管理機能やその他の便利な機能が利用できるので、すべての写真を 1 か所で保管することができます。



要するに、お持ちのパソコンにDropboxのアプリをインストールして、アカウントをリンクさせるか、もしくは「Dropbox Pro」にアップグレードするか、二つに一つということのようです。。(´・ω・`)


Dropbox Pro

まず「Dropbox Pro」へのアップグレードという選択肢。
この「Dropbox Pro」アカウントは有料です。。

月額1,200円、もしくは年額12,000円という価格設定となっています。
1TBの容量が使えるといえども、そうやすやすとアップグレードするには躊躇してしまう価格です。。

ばりばり「Dropbox」を利用しているユーザであれば、とっくに「Pro」を利用しているでしょうから、今回の「カメラアップロード」の仕様変更に戸惑う必要はないわけで・・。

ここで問題となってくるのは、無料である「Dropbox Basic」アカウントのユーザの方々でしょう。


PCにアプリをインストする

そこで選択肢として残るは、「Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールする」という手段です。パソコンにアプリケーションをインストールして、アカウントをリンクするということです。

そうすることで自動「カメラアップロード」機能を、7月22日以降も利用することが可能になります。

「Dropbox デスクトップ アプリケーション」のダウンロードは下記のリンクから行うことができます。



PCがない、Proへのアップグレードもしない、、

と、パソコンに「Dropbox デスクトップ アプリケーション」をインストールできて、アカウントをリンクできるユーザは良いとして、パソコンが無いし、「Pro」へのアップグレードも候補じゃないというユーザはどうすれば良いのか?


「Dropbox」はそういったユーザに向けて、手動でのアップロードをする方法を残してくれるようです。。

以下は「Dropbox」のヘルプセンターからの抜粋です。

2016年7月22日以前にパソコンのリンクも Pro アカウントへのアップグレードもしなかった場合はどうなりますか?

2016年7月22日以降カメラアップロード機能は使えなくなり、新しい写真と動画が自動的に Dropbox アカウントに追加されることはなくなります。Dropbox アカウントにパソコンをリンクするか、Dropbox Pro にアップグレードすれば、いつでもカメラアップロードを有効にすることができます。

パソコンのリンクも Dropbox Pro へのアップグレードも希望されない場合、Dropbox に手動でアップロードすれば特定の写真と動画をバックアップすることができます。


手動アップロード


  • パソコンが無い、もしくはリンクをしない。
  • 「Pro」アカウントへのアップグレードはしない。



上記のようなユーザにとって残された道は、「手動でのアップロード」以外に選択肢はないようですね。。

私は幸いにも、パソコンに「Dropbox デスクトップ アプリケーション」をインストールしており、アカウントのリンクも行っていますので、7月22日以降も自動カメラアップロードを利用できる環境です。


しかし、「Dropbox」ユーザのすべてが環境を整えることは難しいと思われます。
今回の「Dropbox」による「カメラアップロード」の仕様変更は、何かと物議を醸しだしそうな予感です。。

とはいえ現在、何気に自動での「カメラアップロード」機能を利用しているユーザは、7月22日以降の仕様変更までに何らかの対策をとる必要がありそうですね。。


何かと便利だった「Dropbox」の自動「カメラアップロード」機能。
みなさんは如何対処しますかぁ??

ヘルプセンター

今回の「カメラアップロード」機能の仕様変更についてのQ&Aが「Dropbox」のヘルプセンターに掲載されていますので、ご紹介して終わりにします。

  • 今までのカメラアップロードはどうなりますか?

カメラアップロードを使って追加した写真は、そのまま Dropbox に維持されますので、「カメラアップロード」フォルダで確認できます。

  • カメラアップロードが変更されるのはどうしてですか?

すべての写真を自動的に Dropbox にアップロードしていると、Basic アカウントの容量がすぐに足りなくなってしまうことがあります。アカウントにパソコンをリンクすれば、写真を簡単にパソコンに移行したりパソコンで写真を整理することができるので、Dropbox の容量不足に悩まされることがありません。

  • 2016年7月22日以降に Dropbox デスクトップ アプリケーションのダウンロードまたは Pro へのアップグレードをした場合はどうなりますか?

Dropbox モバイル アプリの[設定]メニューでいつでもカメラアップロードを有効にすることができます。そうすれば、カメラアップロードにより、現在モバイル デバイスに保存されている写真と動画がバックアップされます。

  • パソコンがない場合や Pro へのアップグレードを希望しない場合はどうなりますか?

Dropbox Basic アカウントにパソコンをリンクしなくても、スマートフォンまたはタブレットで写真を手動で Dropbox に追加することができます。こうすると、Dropbox に保存したい写真と、保存先のフォルダを自分で選択することができます。



今回は以上です。
ほなまた。

via DropBoxヘルプセンター

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG