読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【LINEモバイル】LINEの通信量が無料になる「LINE フリー」プラン(1GB)が月額500円から!!

キャリア キャリア-MVNO
スポンサード リンク
あとで読む

LINEモバイル

ついに本日より受付が開始されたLINEモバイル♪


f:id:bambamboo333:20160905145630j:plain



LINEがMVNO型の携帯電話サービス「LINEモバイル」を9月5日より提供を開始。

プランは、LINEの通信量が無料になる「LINEフリー」プラン(1GB)が月額500円から、またFacebookやTwitterが無料になるプランもあわせて用意されています。

サービス開始にあたって、当初は先着20,000契約に限って受け付け、10月1日から正式にサービス開始するとのこと。


申込はこちらのページから可能です♪
お申し込み前にお読みください - LINEモバイル



「LINEフリー」と「コミュニケーションフリー」

プランは大きくわけて2プランが用意されているようです♪

「LINEフリー」と「コミュニケーションフリー」の2プラン
 
「LINEフリー」はLINEの通信量が無料になるもので、LINEの通信は月間1GBまで利用が可能!
 
「Facebook」や「Twitter」の通信量が無料になる「コミュニケーションフリー」は3GB、5GB、7GB、10GBの4種類がラインアップされています。

また、「LINEフリー」「コミュニケーションフリー」どちらにも音声通話対応のプラン(最低利用期間:1年間)も用意されています。

LINEフリー(1GB)の月額利用料
データ通信のみ 500円
SMS対応 620円
音声通話対応 1200円
(通話料:20円/30秒)


コミュニケーションフリーの月額利用料
データ通信+SMS 3GB 1110円
データ通信+SMS 5GB 1640円
データ通信+SMS 7GB 2300円
データ通信+SMS 10GB 2640円
データ通信+音声通話 3GB 1690円
データ通信+音声通話 5GB 2220円
データ通信+音声通話 7GB 2880円
データ通信+音声通話 10GB 3220円



通信量を使いきった場合、通信速度が200kbpsに制限されます。
しかし後述する無料対象の機能は高速通信で利用できるとのこと。

また通信量を追加(チャージ)することもでき、価格は0.5GBで500円、1GBで1000円、3GBで3000円。使いきらなかった通信量は翌月まで繰り越せる。


無料になるもの・ならないもの

今回のLINEモバイルのサービス開始を伝えるケータイWatchでは、このように案内しています。

通信量が無料になるサービスをLINEでは今回「カウントフリー」と呼ぶ。LINEフリーで通信量無料(カウントフリー)になるのは、LINEのトーク機能、タイムラインなどだ。音声メッセージのやり取りや、LINEユーザー同士のIP電話やビデオ通話も含まれる。一方、対象外になるのは、ライブストリーミングの「LINE LIVE」、ゲームや音楽などLINEアプリ以外のアプリサービス、友人から共有された外部リンクへのアクセスだ。

コミュニケーションフリーでは、LINEフリーの機能に加えて、TwitterやFacebookのタイムライン機能、メッセージなどが無料対象になる。

コミュニケーションフリーでの無料対象外は、ライブストリーミング(Facebook Live、メッセンジャー、Twitter/Periscope)や、外部リンクへのアクセスだ。

無料対象のサービスは、アプリだけではなく、Webブラウザで利用した場合もカウントフリーになる。



LINEが無料の可能性

いまや隆盛の極みともいえる状況にある「LINE」
日本国内において、ここまで生活に浸透し、老若男女が利用しているSNSアプリは例を見ないんじゃないかと思います。

そんな「LINE」でのデータ通信料が無料(カウントフリー)になるという「LINEフリー」プラン。
そしてこれまた「LINE」と双璧をなすくらいの存在感があるSNSアプリ「Facebook」と「Twitter」までもが無料(カウントフリー)になる「コミュニケーションフリー」プラン。


どちらのプランにせよ、現代のスマホの利用状況から考えると、相当なインパクトがあるプランですね♪

今回サービス開始がアナウンスされた「LINEモバイル」は、NTTドコモのネットワークを利用するサービスとなっています。
NTTドコモのサービスエリア内であれば、「LINEモバイル」も利用できるということになります。


MVNO

いまやその存在を侮れないMVNO
そんな「MVNO」の世界に登場した「LINEモバイル」

今後、どの程度のシェアを獲得していくことになるのか未知数ではありますが、その可能性は非常に高いんじゃないんでしょうか(´・ω・`)

では、今回は以上です。
ほなまた。

via ケータイWatch

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG