読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ソフトバンク】「ギガモンスター」登場! 20GBが月額6000円!!

キャリア キャリア-Softbank
スポンサード リンク
あとで読む

SoftBank 超安・大容量

ソフトバンクがスマートフォン向け料金プラン「スマ放題」「スマ放題ライト」のパケット定額について、新データ定額サービス「ギガモンスター」を発表しました♪


f:id:bambamboo333:20160909102120j:plain



新しいパケット定額のコースは2種に分かれており、「データ定額20GB」を月額6,000円、「データ定額30GB」を月額8,000円で提供するとのこと♪

データ定額20GB 6,000円(税抜)
データ定額30GB 8,000円(税抜)




現在の5GBプランは「データ定額パック・標準(5)」で月額5,000円。
これに1,000円上乗せすることで、月間のデータ通信容量が一気に4倍に増量されることになりますねぇ♪


f:id:bambamboo333:20160909102628j:plain


ギガモンスター

今回、ソフトバンクが発表した「ギガモンスター」
新規契約または機種変更の場合は9月13日(火)から、プラン変更の場合は9月29日(木)から、それぞれ受付を開始するとのことです。

また「ギガモンスター」の開始に合わせて、従来の「データ定額パック・標準(8)、大容量(10)~(30)」の新規申し込み受け付けを終了。
ただし、各データ定額サービスを現在利用している契約者はそのまま利用できるとのこと。

なお、「データ定額パック・標準(5)」を「データ定額 5GB」にするなど各種サービス名称を変更することも発表しています。
サービス名称の変更についての詳細はこちらをご覧ください。


f:id:bambamboo333:20160909103222j:plain


テザリング契約は要注意!

ただし「ギガモンスター」には注意すべき条件がいくつかあります。

まずは「テザリングオプション」契約について。
スマホをモバイルWi-Fiルーターとして利用できる「テザリングオプション」を使う場合、月額1,000円が別途かかることになるとのこと。

現行の「テザリングオプション」の月額は500円。また、契約時のキャンペーンなどにより実質0円というユーザも多いかと思います。
「ギガモンスター」へデータ定額プランを変更することで、「テザリングオプション」の月額料金が1,000円発生することになることに要注意です。


またデータ通信容量のシェアは親回線と子回線の2回線まで。
親回線を含む3回線以上を家族でシェアしたいときは、「家族データシェア」の「データ定額パック・大容量(10)~(30)」を選ばなくてはならないことになります。


20GB/月

月間のデータ通信量が20GBにも達することはレアなケースかもしれません。
現にソフトバンクでは、ソフトバンクユーザの90%近くが、「データ定額パック・標準(5)」(月間のデータ通信量が5GB)以下のデータ定額の契約をしていると発表しています。

ただ、ソフトバンクの「ギガモンスター」のプレスリリースのページに下記のような記載がありました。

「ギガモンスター」は、多くのお客さまが一度に大量のデータ通信をしても安定した通信ができる、大トラフィック時代に対応したネットワーク対策などによって実現するサービスです。ソフトバンクは、データ通信量を気にする必要がないデータプランと、急激に増加している大容量コンテンツのデータ通信に対応する新技術の両面から、お客さまがより快適にスマートフォンを利用できる環境を提供していきます。



今後、ますます増えていくであろう個々のデータ通信量。
そんなデータ通信量を気にすることなく、快適にデータ通信が行えることになるのは、精神衛生上にも好ましいことかなと思います。


今回ソフトバンクが発表した大容量のデータ通信に対応した格安のプラン。
ドコモやau(KDDI)が、同じようなデータ通信プランを設定して追随してくるのかにも注目です♪

では、今回は以上です。
ほなまた。

via プレスリリース

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG