読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【DSDS】スマホはDSDS時代へ!? DSDSとは!?

スマホ
スポンサード リンク
あとで読む

スマホはDSDS時代へ

livedoorNEWSにて、

「スマホはDSDS時代へ!」という文言から始まるタイトルの記事をみつけました。。(´・ω・`)

「DSDS」!?
なんじゃそれは!?


これまでに聞いたこと無いし、なんか新しいサービスでも始まるのかなっと、つい読みふけってしまいました。


結果「DSDS」が何のことかは分かったのですが、何やら面白いなと思ったのでご紹介♪


「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」


f:id:bambamboo333:20161020090737j:plain


結論からいうと、「DSDS」は「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」の略とのこと。


「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」ってなんやねん!?という方も多いかもしれませんが、

livedoorNEWSでは、

1台のスマホに、2枚のSIMカードを差し込んで、両方の通信を同時に待ち受けできますよという意味なのである。


と、説明してくれています。分かりやすい説明ですね♪

これまで1台のスマホには、1枚のSIMカードしか差し込めないのが一般的でした。
最近になって「DSDS」、いわゆる2枚のSIMカードを差し込めるスマホが誕生してきているとのこと。


利便性

では、1台のスマホに2枚のSIMカードを差し込むことのメリット・利便性とはなんなのか?

過去にも、2枚のSIMカードを差し込めるスマホはあった。
しかし、これらは、
海外でのみ利用できるネットワーク(GSM)と、LTE(3G)しか使えない仕様だったのだ。

したがって、GSMが利用されていない日本国内ではLTEだけしか使えない。
国内で使うには、SIMカード1枚用のスマホと同じだったのだ。

しかし、今回、搭載された「DSDS」は、
通話用の「3G」とインターネットなどで利用する「LTE」のダブル待ち受けが可能なのだ。
そのため、

  • 大手キャリア契約の通話し放題契約SIMを入れておける
  • インターネット用にデータ通信の格安SIMも入れておける
  • 両方のネットワークを同時に待ち受けできる
  • 2枚とも通話対応SIMであれば、1台のスマホで違う電話番号で電話かけたり、受けたりできる


というメリットがある。



と記事で説明してくれています。


対応機種

では、現時点で手に入る「DSDS」に対応したスマホはどれほどあるのか。
こちらもlivedoorNEWSで紹介してくれています。

主な対応スマホは以下だ。

  • Moto Z(モトローラ)
  • Moto Z Play(モトローラ)
  • Moto G4 Plus(モトローラ)
  • ZenFone 3(ASUS)
  • ZenFone 3 Deluxe(ASUS)
  • RAIJIN(雷神)(フリーテル)
  • KIWAMI2(極2)(フリーテル)
  • BLADE V7 MAX(ZTE)
  • AXON 7(ZTE)
  • AXON mini(ZTE)


このように、すでに10モデルほどが「DSDS」に対応している。



得てして大手キャリアが販売しているスマホではなく、格安SIMサービスを提供しているMVNOなどから販売されている機種が「DSDS」に対応しているようですね。。


注意点・デメリット

これまでは「DSDS」のメリットや利便性をお伝えしてきましたが、もちろん注意点が存在することも事実のようです。

記事内では、

  • 通話中にモバイルネットワークでネットをすると通話用SIMのネットワークを使う
  • 2契約同時待ち受け中はバッテリーの減りがやや早くなる
  • モデルによっては、SIMカードを2枚入れるとmicroSDカードが入らない



このような注意点を挙げています。


DSDS

現時点では少数派であることに変わりがない「DSDS」対応機種。

しかしそのポテンシャルは非常に高く、潜在的な需要も結構高いんじゃないかなと感じています。
データ通信用に格安SIMカードを挿入し、通話用には大手キャリアの「かけ放題プラン」で契約したSIMカードを利用する。

うん。ありだと思います♪(´・ω・`)

今後の「DSDS」界隈の話題には注視していきたいところです。

では、今回は以上です。
ほなまた。

via livedoorNEWS
Picture source Wikipedia

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG