【iOS11】コントロールセンターでBluetoothとWi-Fiを完全オフできないってばよ!

スポンサード リンク
あとで読む

iOS11 コントロールセンター

さっそくですが、iPhoneを操作するときに使用頻度が多い機能、それは「コントロールセンター」ではないでしょうか?

先日リリースされた「iOS11」では、この「コントロールセンター」が大きく刷新されました。


f:id:bambamboo333:20170922120816j:plain

上記は、私が使用している「iOS11」にアップデートした「iPhone7」のコントロールセンターのスクショです。


「iOS11」では「コントロールセンター」に機能の追加や削除といったことができる仕様となりました♪

Wi-Fi及びBluetoothのオンオフや、音量や輝度の調節、さらには特定機能のショートカットが配置できる「コントロールセンター」は本当に重宝する機能です♪
( ^ω^ )


BluetoothとWi-Fi

と、そんな「コントロールセンター」ですが、「コントロールセンター」でWi-FiやBluetoothをオフにしてもWi-FiおよびBluetoothが完全に無効になるわけではないことが明らかになり、話題となっているようです・・・('Д')


このことに関して、Apple公式のサポートページにて「コントロールセンター」からWi-FiおよびBluetoothをオフにしても、これらの機能が完全に無効化されるわけではないことがしっかり記されていました。。。

Wi-Fi と Bluetooth について

iOS 11 以降では、コントロールセンターで Wi-Fi または Bluetooth のボタンを切り替えると、Wi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されます。Wi-Fi も Bluetooth も引き続き使えるので、以下の重要な機能は利用できます。

  • AirDrop
  • AirPlay
  • Apple Pencil
  • Apple Watch
  • 連係機能 (Handoff、Instant Hotspot など)
  • Instant Hotspot
  • 位置情報サービス


support.apple.com



ようするに、「コントロールセンター」でWi-FiやBluetoothをオフにしても、見かけ上オフになっているように見えるだけで、
「AirDrop」「AirPlay」「Apple Pencil」「Apple Watch」「連係機能(Handoff、Instant Hotspotなど)」「Instant Hotspot」「位置情報サービス」といった機能およびデバイスにおいては引き続き利用できるように、水面下ではしれっとオンになってるよぉ( *´艸`)

ってことのようですね。。。


完全オフの方法

それでは完全にオフにしたい場合はどうすんの?って話になります。

そんな完全にWi-Fi及びBluetoothの機能をオフにしたいときは、設定アプリから手動で自主的にオフにする必要があるようです。

上記で紹介したAppleのサポートページにもこのような記載がありました。

Wi-Fi と Bluetooth をオフにする

Wi-Fi と Bluetooth をすべてのネットワークとデバイスで完全に無効にしたい場合は、以下の手順を実行してください。

  • Wi-Fi をオフにするには、「設定」>「Wi-Fi」の順に選択して、「Wi-Fi」をオフにします。
  • Bluetooth をオフにするには、「設定」>「Bluetooth」の順に選択して、「Bluetooth」をオフにします。


iOS デバイスを快適に使えるように、Wi-Fi と Bluetooth はなるべくオンにしておくようにしてください。



最後の一文に注目!( *´艸`)

iOS デバイスを快適に使えるように、Wi-Fi と Bluetooth はなるべくオンにしておくようにしてください


Appleはどうやら、Wi-Fi及びBluetoothの機能は通常オンにしておくことを推奨しているようです。

これまで「iPhone」などのiOSデバイスについては、バッテリー消費を抑えるためにも、Wi-FiやBluetoothの機能は利用しないときは、なるべくこまめにオフにしよう♪なんて風潮がありました。


しかしいまや電子機器の省エネ化(省電力化)が進んで久しいです。
Appleが推奨するように、これまでみたく頻繁に機能のオン・オフを繰り返す必要はないのかもしれません。

「iOS11」にて実装された「コントロールセンター」でWi-Fi及びBluetoothの機能が完全オフにできない仕様。
ユーザが不便になる可能性を減らすべく考えられた、Appleのやさしさの形なのかもしれませんね。


「コントロールセンター」で完全にオフにできないからといって、イライラしたり、頻繁に設定アプリから完全オフにするといった行動は控えて、あまり気にすることなく過ごすのが精神衛生上よろしいのかもしれません♪


ただ、一点注意していただきたいこと。
それは、一部の職場や特定の場所(病院等)など、電波を発することが禁止されている場所に「iOS11」にアップデートしたデバイスを持ち込む際には注意が必要です。
「コントロールセンター」でWi-FiやBluetoothをオフにしたつもりでも、実際には(水面下では)電波が飛んでいることになります・・・('Д')

そういった場所では、設定アプリから完全にオフにする必要がありますね。
または、完全に電源を落とす、もしくは機内モードを利用するのもひとつの手です。


と、今回取り上げた「コントロールセンターではBluetoothとWi-Fiを完全オフできない」という話。

便利なようで不便なような、人によって捉え方が違うでしょう。
今後はその仕様の性質を理解して、うまくオン・オフを使い分けていきましょう♪

では、今回は以上です。
ほなまた。

via Apple

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG