【iPhone X/8/8Plus】高速充電に対応する電源アダプタはUSB Power Delivery (USB-PD)規格のものならOK!

スポンサード リンク
あとで読む

高速充電

今年2017年リリースの「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」および「iPhone X」

ワイヤレス充電に対応していることに注目が集まっていますが、有線での充電に関しても注目に値する機能が搭載されています♪


f:id:bambamboo333:20170926151910j:plain


その有線での充電に注目して欲しいのは「高速充電に対応:30分で最大50%充電」という点♪( *´艸`)

30分で50%もの充電ができるということは、これまでの有線での充電と比較すると、かなり早くなっているのではないかと想像できますね♪



対応充電器

この「高速充電に対応:30分で最大50%充電」というAppleの公式サイトでの表記には、ただ一点、注意していただきたいことが、、、

そう、注釈がついているんです。。。


f:id:bambamboo333:20170926152632j:plain


わっかりますかねぇ・・・
文章の最後に小さく「9」という注釈が・・・('Д')


この注釈「9」の記載内容を、Appleの公式サイト内から引用すると、、

iPhone 8、iPhone 8 Plusの試作ハードウェアとソフトウェア、Apple USB-C電源アダプタ(29WモデルA1540、61WモデルA1718、87WモデルA1719)アクセサリを使用し、2017年8月にAppleが実施したテスト結果によります。高速充電のテストは、バッテリーを完全に消費したiPhoneハードウェアを使って実施しました。充電時間は環境条件によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。



このように記載がありました。
長ったらしくて、どういうことなんや!?って方もあるかもしれませんが、注目すべきは、

Apple USB-C電源アダプタ(29WモデルA1540、61WモデルA1718、87WモデルA1719)アクセサリを使用し、



という部分。
ここが重要となってくるかと思います。

要するに、Apple純正であるApple USB-C電源アダプタを使用した場合の結果ですよぉ。。。と、いうことのようです。


では、Apple USB-C電源アダプタ以外の電源アダプタを利用した場合、高速充電できないの?と疑問がでてくるかと。


サードパーティ製でもOK!


f:id:bambamboo333:20170926153737j:plain


そんな心配を吹き飛ばしてくれる情報を、Appleが公式サポートサイトにて公開してくれていました♪

f:id:bambamboo333:20170926153715j:plain


「iPhone 8」及び「iPhone 8 Plus」での高速充電に関する記述ですが、おそらく「iPhone X」も同様の仕様かと推測できます。


注目していただきたいのは赤線の部分♪

A comparable third-party USB-C power adapter that supports USB Power Delivery (USB-PD)



高速充電に対応する充電器の情報として、Apple USB-C電源アダプタ以外に、USB Power Delivery (USB-PD)規格に適合したサードパーティ製の充電器もOKと記載されているではないですか!!♪


USB-PD

と言いながら、正直「USB-PD」というものの存在をよく知らなかった私がここにいます・・・('Д')汗

しかし、よくよく調べてみると、USB Power Delivery (USB-PD)という規格があり、それに適合した充電アダプタが市場に出回っているようです!


ケータイWatchさんが、昨年2016年の3月に「USB-PD」に関して紹介しているこんな記事を見つけました♪
第747回:USB PDとは - ケータイ Watch Watch

「USB PD」とは、規格上、最大100Wの電力を送れる、USBを使った電源供給の規格です。USB PDの「PD」とは、電源供給を意味する「Power Delivery」の略です。


このような説明から始まる上記の記事。
USB経由で大きな電力の出力ができる規格のようですね。詳細は上記記事を参照ください♪


対応充電アダプタ

ためしに「USB-PD」に対応した電源アダプタをAmazonにて検索してみたところ、複数見つけることができました。( *´艸`)








上記のように、「USB-PD」に適合した電源アダプタが販売されているようです♪


せっかく手に入れた新しいiPhone
そして新しく搭載された、高速充電機能。
この機能を満喫しない手はありません。

もちろん、この高速充電を堪能するためには、Apple純正の電源アダプタを購入するのが一番なのかもしれません。

しかし、如何せんちと高い。。
29Wモデルでも5,200円(税抜)と、相成っております。


そんな中で、「USB-PD」対応のサードパーティ製の電源アダプタは、安いものであればその半額程度から手に入れることができます( ^ω^ )


なお、あわせて必要となってくるのが「USB-C−Lightningケーブル」です。
Apple Storeでは1mの「USB-C−Lightningケーブル」が2,800円で販売されています。

こちらも決して安いものではありませんが、電源アダプタの購入と同時に購入する必要があります♪

Apple純正の電源アダプタと「USB-C−Lightningケーブル」の組み合わせでは8,000円~と、結構な出費となりますが、サードパーティ製の電源アダプタとAppleの「USB-C−Lightningケーブル」の組み合わせであれば、5,000円程度から高速充電の環境を構築することができそうです( *´艸`)

新しいiPhoneを手にした方は、ぜひ高速充電の環境を揃えてみてはいかがでしょうか。


と、今回は新機能の高速充電のお話でした。
今回は以上です。
ほなまた。

via AppleApple(電源アダプタ)Apple(USB-C−Lightningケーブル)Amazon

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG