Apple 「iOS11.0.1」をリリース!その変更点は?アップデート方法は?

スポンサード リンク
あとで読む

iOS11.0.1

本日未明、Appleが「iOS11.0.1」をリリースしています。


f:id:bambamboo333:20170927094712j:plain



iOS11.0.1の変更点は、下記の通り。
説明文が英語のため、要約してみましたところ。。。

変更点

  • iPhone及びiPadの機能向上とバグ修正


といったところでしょうか。。。


アップデートはiTunesへの接続もしくはOTAで更新することができます。


iOS11.0.1へのアップデート方法

iOS11.0.1へのアップデートはパソコン(iTunes)に繋がなくてもiPhone単体でできるOTAで行うと便利です。
OTAとは「Over The Air」の略称です。

手順はいたってシンプル
ホーム画面より

  • 「設定」→「一般」→「ソフトウエアアップデート」


ここからアップデートを行うことができます。

アップデート作業の注意点として、まずはアップデート中の不慮の事態に備えてバックアップをしっかりと取ったうえで行うことが肝心です。いざという時にバックアップがあれば元の状態へ戻すことが出来ます。

また、パソコン(iTunes)を介さないOTAでのアップデートではネットに接続している回線によってスピードや安定性が大きく左右されます。
できるだけ高速で通信が安定しているWi-Fiに接続して行いましょう。

またバッテリー残量にも気を付けてください。バッテリーがほとんどない状態で行うとアップデートの途中で電源が切れてしまい、こちらでもアップデートが完了せずに不具合がおきてしまう可能性が大きいです。

バックアップをしっかりと取ったうえで安定したWi-Fiに接続し、電源に接続しバッテリをしっかり確保した状態で行うことがベストです。


アップデート所要時間

私が現在使用している「iPhone7」でOTAアップデートを行ったところ、ダウンロードからインストールの準備までに約8分。そしてインストールの完了までにトータルで20分ちかくかかりました( ̄▽ ̄)

Appleのサーバの混み具合なども影響があるかのかと思いますが、アップデートを行う際には時間に余裕をもって行うようにしましょう。

iOS11.0.1

今回リリースされた「iOS11.0.1」
「iOS11」が正式リリースされて初めてのアップデートです。

このバージョンでは機能向上とバグ修正がメインのマイナーアップデートとみられます。


iPhone X

と、「iOS11」が正式リリースされて以降、バッテリーの減りが早くなる、またアプリが起動しない、クラッシュする、などの報告が一部のユーザーから寄せられていることから、「iOS11.0.1」ではこれらの問題やバグが修正されていると考えられます。


また、再来月の11月にリリース予定の「iPhone X」


f:id:bambamboo333:20170926153737j:plain


2017年リリースのiPhoneの中での大本命かと思います♪
(「iPhone8」「iPhone 8 Plus」も十分に素晴らしいモデルですが、、、)

「iPhone X」の発売に向けて、「iOS11」のバグの修正など、より信頼のおける「iOS」とするべくAppleも必死なんでしょうね♪( *´艸`)


と、こんな感じで、今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG