【iPhone Mania】「500 Internal Server Error アクセスしようとしたページは表示できませんでした。」

スポンサード リンク
あとで読む

iPhone Maniaさん 500 Internal Server Error

常日頃よりiPhoneに関するニュースを確認するのにお世話になっている「iPhone Mania」さん。

iPhone、iPad、Apple関連の最新ニュースをお届け! - iPhone Mania



そんな重宝している「iPhone Mania」さんにアクセスしようとすると、度々下記のようなエラーメッセージが、、、


f:id:bambamboo333:20171211082758j:plain



500 Internal Server Error

この「500 Internal Server Error」が発生するのは、毎回というわけではありません・・・('Д')

大概が、毎日朝一のアクセス時に発生している感じです。。。

「500 Internal Server Error」については、


f:id:bambamboo333:20171211083206j:plain


このような原因が考えられるそうです。
そうです。。。
そうです・・・('Д')


ネット周りの知識が乏しい私には、なんのこっちゃという話です。苦笑

どうやら「CGI」という技術!?的なものに不具合が発生していることがうかがえます。


Wiki

こういう時に役立つのが「Wikipedia」


まず、こいういったちょくちょく目にするHTTPに関するエラーコードのことを、「HTTPステータスコード」と呼ぶそうです。

HTTPステータスコード - Wikipedia


そしてこの「HTTPステータスコード」には、

  • 1xx Informational 情報
  • 2xx Success 成功
  • 3xx Redirection リダイレクション
  • 4xx Client Error クライアントエラー
  • 5xx Server Error サーバエラー



以上のように5つに大別できる模様。
そして今回の「500 Internal Server Error」は、そうですね、500番台のServer Errorに該当します。

早速、Wikiで「500 Internal Server Error」の項目を参照すると、

500 Internal Server Error
サーバ内部エラー。
サーバ内部にエラーが発生した場合に返される。
例として、CGIとして動作させているプログラムに文法エラーがあったり、設定に誤りがあった場合などに返される。



うん、結局のところ原因を理解することができませんでした。。。( ゚Д゚)

とりあえず「CGI」というものにエラーがあるということは確定のようです。
と、これ以上深掘りしても、頭の中で整理して理解することが困難なことは、容易に想像がつくので、今回はここまでとしておきましょうかね。。(;'∀')


CGI

最後に、「CGI」とはなんぞや?ということで、これまたWikiさんに聞いてみました。
参考程度に引用を載せておきます。

  • CGI

Common Gateway Interface(コモン・ゲートウェイ・インタフェース、CGI)は、ウェブサーバ上でユーザプログラムを動作させるための仕組み。現存する多くのウェブサーバプログラムはCGIの機能を利用することができる。

ウェブサーバプログラムの機能の主体は、あらかじめ用意された情報を利用者(クライアント)の要求に応じて送り返すことである。そのためサーバプログラム単体では情報をその場で動的に生成してクライアントに送信するような仕組みを作ることはできなかった。 そこでサーバプログラムから他のプログラムを呼び出し、その処理結果をクライアントに送信する方法が考案された。それを実現するためのサーバプログラムと外部プログラムとの連携法の取り決めが CGI である。

CGI は環境変数や標準入出力の扱えるプログラミング言語で扱うことができる。

代表的なアプリケーションには、電子掲示板、アクセスカウンタ、ウィキやブログシステムなどがある。



本日はこの辺りで、失礼致します・・・('Д')

今回は以上です。
ほなまた。

via iPhone Maniaさん

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG