Apple 「iOS11.0.3」をリリース!その変更点は?アップデート方法は?

スポンサード リンク
あとで読む

iOS11.0.3

ここ最近、iOSのアップデートをお知らせするブログと化してきた当ブログ(^◇^;)
今回も、iOSのアップデートのお知らせです。苦笑


さて、本日未明、Appleが「iOS11.0.3」をリリースしています。


f:id:bambamboo333:20171012072851j:plain



iOS11.0.3での主な変更点は、上記の通り。

変更点

  • オーディオおよび触覚フィードバックが一部のiPhone 7およびiPhone 7 Plusで作動しない問題を修正


などなど


iOS11.0.3へのアップデート方法

iOS11.0.3へのアップデートはパソコン(iTunes)に繋がなくてもiPhone単体でできるOTAで行うと便利です。
OTAとは「Over The Air」の略称です。

手順はいたってシンプル
ホーム画面より

  • 「設定」→「一般」→「ソフトウエアアップデート」


ここからアップデートを行うことができます。

アップデート作業の注意点として、まずはアップデート中の不慮の事態に備えてバックアップをしっかりと取ったうえで行うことが肝心です。いざという時にバックアップがあれば元の状態へ戻すことが出来ます。

また、パソコン(iTunes)を介さないOTAでのアップデートではネットに接続している回線によってスピードや安定性が大きく左右されます。
できるだけ高速で通信が安定しているWi-Fiに接続して行いましょう。

またバッテリー残量にも気を付けてください。バッテリーがほとんどない状態で行うとアップデートの途中で電源が切れてしまい、こちらでもアップデートが完了せずに不具合がおきてしまう可能性が大きいです。

バックアップをしっかりと取ったうえで安定したWi-Fiに接続し、電源に接続しバッテリをしっかり確保した状態で行うことがベストです。


アップデート所要時間

私が現在使用している「iPhone7」でOTAアップデートを行ったところ、ダウンロードからインストールの準備までに約10分。そしてインストールの完了までにトータルで約18分ちかくかかりました( ̄▽ ̄)

Appleのサーバの混み具合なども影響があるかのかと思いますが、アップデートを行う際には時間に余裕をもって行うようにしましょう。

iOS11.0.3

今回リリースされた「iOS11.0.3」

「iOS11.0.2」がリリースされてからおよそ一週間。
今回も矢継ぎ早にバグを修正したiOSをリリースした形となりましたね。。

このバージョンでは冒頭でも紹介した通り、一部のiPhone 7 / 7 Plus での不具合の修正とともに、サードパーティ製の部品を使った修理を行うことにより、一部のiPhone 6sで画面がタッチ入力に反応しないという不具合に対応した模様です。

Appleは「iOS11.0.3」のアップデート画面にて、注記として非純正部品の画面への交換に対して注意を促すアナウンスを行なっています。


f:id:bambamboo333:20171012072900j:plain


iPhone X

また、来月の11月にリリース予定の「iPhone X」


f:id:bambamboo333:20170926153737j:plain


前回の記事でも書きましたが、2017年リリースの「iPhone」の中での大本命かと思います♪

「iPhone X」の発売に向けて、さらなる「iOS11」のバグを修正したものや、新機能が搭載されたバージョンの「iOS11」のリリースが期待されますね♪( *´艸`)


と、こんな感じで、今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG