『Apple PayでのSuicaご利用ガイド』より。利用の前に知っておきたい7つの重要事項。

スポンサード リンク
あとで読む

Apple Pay 『Suica』アプリ

本日、iOS向け『Suica』アプリがアップデートされています♪


f:id:bambamboo333:20171218114815p:plain


バージョンが「2.0.0」となった『Suica』アプリ。
主な変更点は以下の通りです('ω')


  • 画面表示を見直しました。
  • iPhone Xの画面表示に対応しました。
  • パスワードを20文字まで登録できるようにしました。
    (パスワードの文字数が、”8文字”から”8文字〜20文字”に変更)



Suicaアプリとは?

そもそもiOS向け『Suica』アプリで何ができるのか?

AppStoreではこのように説明しています。

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が提供するSuicaサービスをApple Payで利用するためのアプリケーションです。


そうですね。。
言うまでもなく、「Apple Pay」が利用できるデバイスで、これまでカードで提供されていた「Suica」の機能が利用できるアプリというわけです。


また、このように説明されています。

■ 入会金、年会費、デポジットはいただきません。
■ 手元にプラスチックのSuicaカードがなくても始められます。
■ 2つのチャージ手段が選べます。
・Apple Payに追加した、アプリケーションの中での支払いに使えるクレジットカード
・ Suicaアプリケーションに登録したクレジットカード
※ アプリーケーションの中での支払いに使えないクレジットカードも登録できます
※ ビューカードを登録すると「オートチャージ」も設定できます

■ 困ったときにコールセンターでのサポートが受けられる会員登録をお勧めします。
※ 会員登録されていない場合、端末紛失時などのサポートが受けられません。



7つの重要事項

上記のように、「Suica」の機能が、Apple Pay対応デバイスで利用できるようになる『Suica』アプリ。


そんな便利なアプリですが、JR東日本は『Apple PayでのSuicaご利用ガイド』という案内の中で、「利用の前に知っておきたい7つの重要事項」というものを掲載しています。

今回は、その7つの重要事項をご紹介♪

1、Apple Payでご利用いただけないSuicaサービス
  • 銀行チャージ(銀行口座からの入金)
  • キャリア決済チャージ(携帯電話会社のキャリア決済サービスによる入金)


2、下記条件では…SuicaカードのiPhoneへの取り込み、Apple WatchへのSuica移動、Suicaのサーバー退避等の操作は、絶対にしないでください。
  • 鉄道のご利用中(改札内)
  • その他サービスのご利用途中…(例)コインロッカー、セルフ給油、レンタサイクル


3、iPhoneで取り込みできないSuicaカード
  • ビュー・スイカ等のクレジットカード一体型
  • ゆうちょ等キャッシュカード一体型
  • Suica定期券(高校・中学・小学生用通学定期)
  • 小児用My Suica
  • 社員証・学生証と一体になったSuica
  • JR東日本以外で発売されたSuica


4、Suicaが使えない、反応しないと思ったら

「エクスプレス」設定が正しくされていますか?
「設定」→「WalletとApple Pay」で確認できます。
Touch ID/Face IDを求められていませんか?
鉄道以外のご利用には必要な場合があります。

5、Apple Watchでのご利用は
  • Suicaの設定はペアリングしたiPhone端末上のWatchアプリケーションにて行います。
  • 「エクスプレス」設定も必要です。
  • Touch ID/Face IDの代わりにダブルクリックをします


6、困ったときの「ヘルプモード」をご用意しています

改札、チャージ機、レジ等でSuicaが反応しない場面では、以下の操作をお試しください。

  • 【iPhone】
    Wallet上で使用するSuicaを選択しⓘボタン →「ヘルプモードをオンにする」→ Touch ID/Face ID
  • 【Apple Watch】
    Wallet上で使用するSuicaを選択しSuica券面を強く長押し →「ヘルプモードをオンにする」→ サイドボタンをダブルクリック


7、iPhone→iPhoneの機種変更時も安心

①Wallet上のSuicaを1枚ずつ「カードを削除」
②新端末を同じApple IDでサインイン
③WalletのApple Pay右上⊕ボタン→Suica選択
④「カードを再度追加」するSuicaを選択



以上が、JR東日本が公開している「利用の前に知っておきたい7つの重要事項」です。


また今回ご紹介した重要事項以外にも、よくある質問と回答といったものも掲載されています。

すでにApple Pay対応デバイスで『Suica』アプリを利用している方も、これから利用しようとしている方も、一度は覗いてみるといいかもしれませんね♪( *´艸`)
下記からどうぞ♪

Apple PayでのSuicaご利用ガイド


なお、本日公開された最新の『Suica』アプリは下記からダウンロード(アップデート)できます♪


Suica

Suica
無料

posted with アプリーチ


重要なお知らせ

また上記の7つの重要事項の他に、AppStore内で、「重要なお知らせ 」というのも掲載されているのでご紹介♪

【!】 機種変更する場合は、以下の操作が必要です。
●iPhoneは、予め旧端末のWalletで全てのSuicaを「削除」し、新端末に同じApple IDでサインイン後Walletで「再度追加」してください。
●Apple Watchは、ペアリングを解除する前にiPhoneのWatch appまたはApple WatchのWalletで全てのSuicaを「削除」し、同じApple IDでサインインしているiPhoneに新端末をペアリング後、Watch appで「再度追加」してください。
●Android端末、フィーチャーフォンからの機種変更は、予め旧端末での手続きが必要です。iPhone/Apple WatchではSuicaを追加したことがないApple IDでサインインしお受取りください。
※旧端末のご利用時にお支払いいただいた年会費は返金いたしません。

【!】 端末の電源が入らない状態ではSuicaをご利用いただけません
※鉄道のご利用中(改札内)にご利用できなくなった場合、ご利用区間の運賃等を現金でいただきます。

【!】 発行したSuicaはWalletもしくはWatch appで管理されます
※複数枚を同時にご利用いただくことはできません。

【!】 エクスプレス選択を忘れずに
生体認証せずに改札機を通るには、設定もしくはWatch appで「エクスプレス」選択が必要です。
※改札機以外では生体認証が必要な場合があります。

■ その他のご注意

  • JR券の利用規則(払戻手数料)上発生する費用は収受いたします。
  • チャージ残高の払戻しは、会員登録されたお客さまの銀行口座へお振込みとなります。
  • Suica(無記名)を払戻す際には、一旦会員登録いただいた上で、返金先の振込銀行口座を指定いただきます。



と、ここまで駆け足でご紹介してきた重要事項や注意点。
『Suica』アプリには、これでもかぁ!!というくらい、重要事項がありますね、、、(;^_^A

そんな『Suica』アプリですが、今回の記事がみなさんの『Suica』アプリ生活の一助となれば幸いです♪

それでは今回は以上です。
ほなまた。

via JR東日本『Suica』app

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG