読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS7.1.1アップデートでiPhoneのバッテリー消費が大幅に改善!!

iOS Apple iPhoneNEWInfo
スポンサード リンク
あとで読む

AppleInsiderより。

先日リリースされたばかりのiOS7.1.1。
ZDNetの記事を引用してAppleInsiderがiPhoneのバッテリー消費が改善されたと伝えています。


f:id:bambamboo333:20140425061035j:plain

【Image Source: AppleInsider



iOSとバッテリー

これまでにも新しいiOSがリリースする度に話題になるのがバッテリー消費に関する話です。
バッテリー消費が改善された!やら、ものごっつ消費が早くなってバッテリーの減りが早くなってしまった!!などと悲喜こもごもの論争?がネット上で繰り広げられます。。^^;

ZDNetに掲載されたジャーナリストのエイドリアンキングスレー·ヒューズ氏の記事によれば、iOS7.1.1へのアップデートでiPhoneのバッテリー消費が改善されたようです。


彼がメインで使用しているiPhone5をiOS7.0へアップデートを行った際には少々バッテリー消費が早くなったように感じたが、まだそれはまだ正常の範囲内だった。
しかしその後、iOS7.1へアップデートを行ったときには明らかにバッテリー消費が早くなってしまっていたとのこと。


iPhone5を満充電を行った後、6時間使用後のバッテリー残量の平均値を調査したところ、

iOS バッテリー残量(平均)
iOS7.0 74%
iOS7.1 48%


このようにiOS7.1へのアップデート後のバッテリー消費は異常に早いという結果が出ています。


彼はFacebookアプリがバッテリーの異常消費に非常に関わっているとのことから、そのバックグラウンド更新の解除など適切な処置を行った結果、バッテリー消費を多少なりとも抑えることに成功した模様。
Facebookアプリの処置後のバッテリー残量の平均は、

iOS7.1 バッテリー残量(平均)
Facebookアプリ処置前 48%
Facebookアプリ処置後 61%



Facebookアプリのバッテリー消費に関する設定についてはこちらの記事が詳しいです。



iOS7.1.1

そして先日リリースされたiOS7.1.1へアップデートを行ったところ、バッテリー消費がiOS7.1でFacebookアプリの設定を見直した時の数値よりも更に改善されたとのこと。

これまでと同じように満充電から6時間後のバッテリー残量の平均を調査したところその値は、

iOS バッテリー残量(平均)
iOS7.1 61%
iOS7.1.1 76%



この数字をみるとかなりの改善がなされています。
以前のiOS7.0の頃の74%と同じ水準です。

あくまでも一個人のiPhone5での検証であり、すべてのiPhoneでこのような数値になるわけではないでしょう。
しかしiOS7.1.1では明らかにバッテリー消費に関しての何かしらの改善がなされているようです。

日頃から肌身離さず持ち歩くスマホ。
一番気になることはバッテリー残量です。
切れてしまえば何もできませんから・・・(;´Д`)
少しでもバッテリーの減りが改善されることは大歓迎です!!

今回は以上です。
ほなまた。

via ZDNet,AppleInsider

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG