読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone6はともかくiPhone5/5s/5cは対応する?間もなく始まるVoLTE。それはAppleのさじ加減ひとつ!?

Apple Apple-iPhone6
スポンサード リンク
あとで読む

先日、このブログでお伝えしたように次期iOSのメジャーアップデートナンバリングであるiOS8がVoLTE(ボルテ)をサポートするかもという話があります。

今回は日本でもVoLTEのサービスが始まったらVoLTEをサポートすると噂されているiOS8にアップデートすることによって、iPhone5sなど現行のiPhoneでもVoLTEが使えるのかどうかという話。


f:id:bambamboo333:20140412092351j:plain

VoLTEについては過去記事に詳しいです。


<追記:2015.4.9 11:00>
ソフトバンク版「Phone6」でも「VoLTEオプション」に加入することで、「VoLTE」の設定をすることができました。
詳しくは下記記事からどうぞ♪www.kototoka.com

(追記:2014.12.13)
ソフトバンクも「VoLTE」サービス開始についてプレスリリースを発表!!
(追記:2014.10.27)
KDDI・auもVoLTEサービスの開始をアナウンス♪
(追記:2014.5.15)
docomoがついにVoLTEサービスの開始をアナウンスしましたね(´▽`*)
ついにdocomoが始めるVoLTE(ボルテ)!その料金プランは?エリアは?対応端末は?
(追記ここまで)

LTE対応iPhone

従来の回線交換方式ではなく、これまでデータ通信で使っていたパケット通信を使って音声も運ぼうというのがVoLTEの特徴です。
このパケット通信には、3Gではなく現在普及してきている4Gの通信規格であるLTEを用います。
VoLTEとういう名称からもわかります。

Voice(ボイス) over LTE = VoLTE


こういうことだと思います。

というわけで、VoLTEのサービスを行うためにはLTEに対応した携帯電話が必須というのが前提条件です。
これまで発売されたiPhoneでは2012年に発売されたiPhone5以降のモデルがLTEに対応しています。

モデル 発売年 LTE対応状況
iPhone3G 2008年 ×:非対応
iPhone3GS 2009年 ×:非対応
iPhone4 2010年 ×:非対応
iPhone4S 2011年 ×:非対応
iPhone5 2012年 ○:対応
iPhone5s 2013年 ○:対応
iPhone5c 2013年 ○:対応
iPhone6? 2014年 ○:対応?


流れから考えて、今年発表されるといわれているiPhone6も、まずLTEに対応していると考えて間違いないでしょう。というかLTEに対応していないわけがないです。。苦笑

では、次にiOS8がサポートするiPhoneは?というと、
先日アップデートされたiOS7.1ではiPhone4までサポートされました。次のメジャーアップデートであるiOS8が再びiPhone4までサポートするのかどうかは不明ですが、さすがにソフトウェア側からもハードウェア側からみても、使えないiOSの機能がiOS7.1以上に増えることも考えられるため、個人的には微妙かなと思います。
おそらくiOS8がサポートするのは頑張ってもiPhone4S、もしくはiPhone5以降のiPhoneが対象となる可能性が大きいのかなと。


しかしiPhone4SがiOS8をサポートするとしても、今回はVoLTEについての記事です。
ですのでLTEをサポートしているiPhone5以降のiPhoneの事を前提にこれから先は書いていきます。

VoLTE

それではiOS8がVoLTEをサポートするiOSとなった場合、そのiOS8を搭載し発売されると予測されるiPhone6は基より、現行のiPhone5/5s/5cがiOS8へアップデートすることによってVoLTEサービスを使えるようになるのか?という事です。

先日、このブログで、

1、iOS8はVoLTEをサポートするかもしれない。
2、そうなればiOS8を搭載するであろうiPhone6はVoLTEに対応する。
3、ハードウェア側ではなくソフトウェア側で完全にVoLTEをサポートできるのであれば、iPhone5以降のLTEに対応しているiPhoneでもVoLTEに対応できるのかもしれない。


このように書きました。
実際に現行のiPhoneではハードウェア側でのVoLTEをサポートしているのか不明であったためこのように書いたのですが、
APPBANKにて現行のiPhoneのVoLTE対応についての記事を見つけました。
そこでは現行のiPhoneがVoLTEに対応するための3つの条件をあげています。

LTE制御チップ

まず現行のiPhoneに搭載されているLTEを制御するチップがVoLTEに対応している必要があるようです。
やはりiOS8へのアップデートというソフトウェア側の対応だけではVoLTEに対応はしないということですね・・・。


これからやっとこ商用サービスが展開されようとしているVoLTE。昨年と2年前に発売されたiPhoneではさすがにVoLTEに対応したチップなんて搭載していないんじゃないかと思ったのですが、
しかし諦めるのはまだ早かったようです。

先日の記事では、

昨年発売されたiPhone5sなど比較的最近のiPhoneでは、VoLTEの開始を見越して既にハードウェア側でVoLTEに対応できるよう設計されている可能性もあり得ます。


と書きましたが、さすがAppleです。
iPhone5/5s/5cに搭載されているLTE制御チップは、そもそもVoLTEに対応しているものである可能性が高いとのこと。


f:id:bambamboo333:20140414105117j:plain

Image Source: iFixit


iPhone5以降のiPhoneには共通してQualcomm社の「MDM9615M」というLTE制御チップが搭載されているのですが、
この「MDM9615M」というチップがVoLTEに対応している可能性が高いとAPPBANKでは伝えています。

f:id:bambamboo333:20140414111253j:plain

Image Source: APPBANK

製造元の Qualcomm が投資家向けに発表した資料によれば、MDM9x15 シリーズの制御チップは「VoLTE」対応と表記されています。
ただし、あくまでも MDM9x15 シリーズが対応しているとの表記なので、iPhone に搭載されている MDM9615M が対応しているかは不明です。
APPBANK


他にいくつかのサイトで「MDM9615M」とVoLTEの対応について調べてみましたが、ハードウェア的にはiPhone5/5s/5cはVoLTEへの対応はできていると伝えていました。
これでハードウェア側での問題はクリアです。


iPhoneと技術基準適合認定「技適」

iPhoneだけでなく日本国内で販売する携帯電話すべてにクリアしなければならない法律があります。
それが技術基準適合認定、通称「技適」です。
日本のメーカーのものであれ海外のメーカーのものであれ、日本国内で使用するためにはこの技適をクリアしている必要があります。

一昔前のガラケーと呼ばれた携帯電話などで、バッテリーパックを外した内側にこのようなマークや記載を見た記憶のある方はけっこう居るんじゃないでしょうか?


f:id:bambamboo333:20140414112438j:plain

Image Source: Wikipedia


携帯電話が大好きな方やちょっと携帯電話に詳しい方なら一度は見たことあるかと思います。
これが技適にクリアしたよという証です。
iPhone3Gのころには本体裏面にこのマークがありました。現行のiPhone5などからは裏面からマークが消えましたが、隠されているだけで実はしっかりと表示を確認することが出来ます。

ホーム画面から
「設定」→「一般」→「情報」→「法律に基づく情報」→「認証」と開くと、

f:id:bambamboo333:20140414113335j:plain

このような各国の認証の一覧が表示されます。
この中に日本で技適の認証を得たよ!という表示がご覧のとおり表示されます。


そしてこの技適の認証がVoLTEに現行のiPhoneが対応するための壁となっています。
この技適の認証はあくまでもこれまでの方法で携帯電話として通信や通話を行ってもいいよ!という認証です。
そうですこれは「VoLTEを使って通話サービスを行ってもいいよ」という認証ではないようです。

ですので、現行のiPhoneでVoLTEを使うためには改めて技適に申請を行い認証を得なければならないとのこと。
かといって、この認証には何年も費やされたり難しいハードルがあるわけではないようなので、AppleがiPhone5s/5c/5を申請し、既定のテストを受けさえすればOKのようです。

新しい携帯電話の技適認証は随時テストが行われており、月に一度のペースで総務省のサイトで通過情報が更新されています。
新しい携帯電話の情報をここでチェックし、それがどこのキャリアのどの機種であるかという事を随時チェックしている携帯電話マニアの猛者もたくさんいます。



もしかするとAppleは既にiPhone5s/5c/5を申請し技適のテストを受けている可能性もあります。
ここをiPhone5s/5c/5が通過したといった情報が出てきたら、VoLTEに対応する確証ともいえるのかもしれません。

これで技適を通過すればソフトウェア側の問題もクリアです。
あとは各キャリアがVoLTEのサービスを始めることと、AppleがiOSのアップデートを行うのを待つだけということになります。


Appleは現行モデルをVoLTEに対応させたくない?

そして最後に大きな壁としてAPPBANKではAppleの販売戦略をあげています。

iPhone の販売台数の成長率はここ数年で大きく低下しています。
iOS 8 へのアップデートで iPhone 5s/5c/5 を VoLTE に対応させた場合、買い替え需要が抑えられるため、成長率はさらに低下する恐れがあります。
こうした事から、仮に iPhone 5s/5c/5 がハードウェア・法律面でも VoLTE に対応していたとしても、iPhone 6 のみを VoLTE に対応させることで旧機種との差別化を図り、買い替え需要を喚起する可能性が考えられます。
APPBANK


意外や意外そうなんです。
結局、ハードウェア側でもソフトウェア側でもVoLTEへ対応することをクリアしても、Appleがその気にならなければどうしようもありません・・・( ゚Д゚)

Appleが「現行モデルはVoLTEに対応さーせない!!」
と一言いっちゃえばそれまでです。。。


と、こればっかりは予測不可能です。
どうなんねやろ?(;´Д`)
と、やきもきしながら今後もVoLTEの情報に注目していきます。

今夏にもサービスを始めるとアナウンスしているドコモ。
それに続くauとソフトバンク。
言うてもそれほど時間は残っていません。現行のiPhoneがVoLTEに対応するのかしないのか、判明するのはそれほど遠くはありません。

まさかドコモのiPhoneはするけどauのはしない!!などというキャリアごとに対応状況が違うなんてこともあり得る?
これまたまったくの不明です。

それでは今回は以上です。
ほなまた。

引用:APPBANK,iFixit

(修正:2014.4.28)
記事内VoLTEの説明で「Voice over LTE」が正しいところ「Voice LTE」と間違っていました。
ご指摘を頂き修正を行いました^^; すみません。

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG