読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.5インチiPhone6,その発売は2015年まで遅れる?スリム化のためのバッテリーが課題?

iPhone6 iPhoneNEWInfo
スポンサード リンク
あとで読む

今年AppleがリリースするとみられているiPhone6
そのiPhone6は、ディスプレイサイズが異なる2モデルが発表されるという話が噂されて久しいです。



f:id:bambamboo333:20140423130914j:plain

【Image Source: BGR



そのサイズは4.7インチと5.5インチの2モデルと噂されています。
そのうち5.5インチモデルについて、今年2014年ではなく年明けの2015年までそのリリースが遅れる可能性があるとBGRが伝えています。


このブログでは以前、採用予定のディスプレイの量産に手間取っており5.5インチiPhone6の量産開始までしばらくかかりそうだとお伝えしました。



今回BGRが伝えた内容はディスプレイの生産の問題ではなく、採用予定のバッテリーの問題だとしています。5.5インチのiPhone6に対応できるほどの薄いバッテリーの調達に手間取っているとのこと。


iPhone6の厚さがどのようなサイズで設計されているのかは不明ですが、現行のiPhone5sの厚さは7.6mmです。iPhone6の厚さは7.0mmとも6.5mmとも言われています。
その薄い本体の中にバッテリーを収めるためには厚さ2.0mmという水準のバッテリーが要求されているようです。


BGRによれば競合他社のスマホには2.8mmから2.9mmと約3mmの厚さのバッテリーがよく採用されているとのこと。今回の報道が正しいとすればiPhone6には2/3ほど薄いものを採用するということです。


その差は1mm。
3mmも2mmも一見変わらないようですが、いやはやこのコンマ数ミリのスリム化には最新の技術が必要となってくることは想像できます。
しかもこのスリム化とあわせてAppleはiPhone5sよりも大きな容量のバッテリーを採用しようとしているとのこと。
このコンマ数ミリの追求と利便性の追求。さすがAppleということでしょうか。


以前お伝えしたディスプレイ量産の件といい今回の話といい、5.5インチのiPhone6は生産に向けて何かしら障害が発生していることは間違いないのかもしれません。
この秋と言われているiPhone6の発表。
5.5インチモデルについては発表こそあるかもしれないけれど4.7インチモデルとの同時リリースは厳しいのかも?

今回は以上です。
ほなまた。

via BGR

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG