読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上下の次は左右でOK!? 4.7インチiPhone6が出たらこれまでのアプリはどう表示されるのだろう?

iPhone6 iPhoneNEWInfo Apple
スポンサード リンク
あとで読む

MacRumorsより。

iPhone6のディスプレイサイズ、噂話ではありますが4.7インチになるのではないかという情報が多いです。
では、4.7インチにディスプレイサイズが変更された場合、これまでのiPhoneアプリがどのように表示されるのか?
MacRumorsでその表示方法を予測する記事がありました。



f:id:bambamboo333:20140418141843p:plain

Image Source: MacRumors


歴代iPhoneのディスプレイサイズ

これまでのiPhoneの歴史はディスプレイサイズの変更の歴史と言っても過言ではないかもしれない。
イヤホンジャックの位置が変わったりフラッシュLEDライトの搭載やTouchIDの搭載など、仕様の変更は確かにあったけれども大きなデザインは一貫して変わらずにきました。
俗にいうiPhoneっぽいとか、iPhoneみたいといったデザインの印象はみな共通で認識していると思います。

このiPhoneの歴史でもiPhone3GSからiPhone4へ、iPhone4SからiPhone5へといった移行時には解像度の変更やディスプレイサイズの変更という大きな変貌を遂げてきています。

名称 ディスプレイサイズ ピクセル 画素密度
iPhone3G 3.5インチ 320×480 163ppi
iPhone3GS 3.5インチ 320×480 163ppi
iPhone4 3.5インチ 640×960 326ppi
iPhone4s 3.5インチ 640×960 326ppi
iPhone5 4インチ 1,136 x 640 326ppi
iPhone5s 4インチ 1,136 x 640 326ppi
iPhone5c 4インチ 1,136 x 640 326ppi
iPhone6? 4.7インチ? 1334x750? 326ppi?



MacRumorsでは次期iPhoneであるiPhone6が4.7インチのディスプレイサイズであり画素密度を現行のiPhone5sなどと同じ326ppiであると仮定した場合、ディスプレイの解像度を1334×750ピクセルになるとしています。

iPhoneのディスプレイサイズが変わることによって一番影響を受けるのは各iPhoneアプリの表示についてです。

iPhone3GSからiPhone4へと変わった際には単純に表示領域が倍になったため、最適化されていないそれまでのアプリをこれまた単純に倍に引き延ばして表示していました。
そのころからiPhoneを利用していた方なら、そういえば!と思い出してもらえるかと思います。
iPhone4に最適化されたアプリはきれいに表示されているのに対して、それ以前のアプリはなんか画像が荒く感じました。
またiPhone5へとディスプレイサイズが変更になった際には、上下に黒い帯を表示して対応しました。
これについては現在でもiPhone5以降のディスプレイサイズに最適化されていないアプリが残っていることがあるので、アプリによっては上下に黒い帯をみることがありますしご存知の方は多いと思います。


iPhone6では上下左右?

MacRumorsではiPhone6がディスプレイサイズと解像度が高くなることによって上下左右に黒い帯が表示されるのではないかと予測しています。


f:id:bambamboo333:20140418151539j:plain

Image Source: MacRumors



こんな感じです。
特に違和感を感じないから不思議です。

iPhone5では上下に黒い帯を表示していたものを左右にも表示をすればいいという発想は至極自然に思います。

スマホアプリを開発したことはないので実際のところは不明ですが、アプリを開発する方々(デベロッパー)にとって一番大変なことはこういった表示に関する部分の最適化作業ではないのかなと思います。
Androidのアプリではメーカーごとにその端末のディスプレイサイズ、解像度、対応しているAndroidのバージョンが千差万別であるため、その開発は一苦労だという記事をどこかのサイトで読んだことがあります。
比べてiPhoneなどiOSデバイスのアプリはAppleがこういったことに配慮しながら新製品をリリースしてくれるため対応しやすいといった具合です。


AppleがiOSをしっかりと管理しているため、ある意味Androidと比べると閉鎖的だの自由度が無いだのマイナスで語られるところも見かけますが、反面こういった部分ではすごくAppleが気を遣っている優れた面なのかと思います。

そこで今回のiPhone6に関してもAppleはディスプレイサイズや解像度を変更してきたとしても、しっかりと互換性を保ちつつ違和感のないようなデザインを採用してくるでしょう。
あとはiPhoneアプリの開発者の方々が現行のアプリを大きな労力を使うことなく新しいディスプレイサイズに合わせて最適化を行えるという形です。といっても、それはそれで大変な作業だと思いますけど・・・(-_-;)

また今となっては開発やサポートが終了してしまったアプリでもまったく使えなくなることはないという形です。


最後に、MacRumorsでは4.7インチ(1334x750)のディスプレイサイズとなったiPhoneのホーム画面を予測して掲載していたのでご紹介。

f:id:bambamboo333:20140418151552j:plain
4インチ(左):4.7インチ(右)

Image Source: MacRumors



横にはこれまで通りの4つのアプリが配列されており縦の配列が1つ増えています。
これであればこれまでのiPhoneユーザーもなんの違和感もなくスムースに操作することができます。

iOSのメジャーアップデートなどでUIやデザインの変更などをAppleはこれまでも行ってきていますが、操作の基本となるところは一貫して変わらずiPhoneらしさを引き継いでくれています。
古いiPhoneから新しいiPhoneに買い替えたからといって使い方が分からなくなったなんてこと聞いたことないですしね。
今度のiPhone6でもiOSのメジャーアップデートにディスプレイサイズの変更といった大きな変貌を遂げていると思いますが、ユーザーにも開発者にもやさしいAppleのiPhoneらしさだけは失うことなく受け継いでいるのではないでしょうか。

てか、そうであることを願っています。

今回は以上です。
ほなまた。

引用:MacRumors

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG