読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも僕は次期iPadAir 流出画像から考える。より薄くより軽くさらなる高みへ

iPad Apple
スポンサード リンク
あとで読む

新しいiPad Airのディスプレイパネルらしい。
今年Appleが発表するだろう次期iPadAir。その新しいiPadAirのものとみられるディスプレイパネルの画像が流出しています。


f:id:bambamboo333:20140421064005j:plain

【Image Source: one more thing



これをApple製品の分解で知られているiFixitが分解を行った現行のiPadAirのディスプレイパネルと比較すると、基盤との配線に使われるフレキシブルケーブルの形状や位置が違うことがわかります。

f:id:bambamboo333:20140421064350j:plain

現行のiPadAirのパネル 【Image Source: iFixit



現行のiPadAirがディスプレイパネルの横からフレキシブルケーブルがにょろっと出ているのに対して、今回の画像は横から出ているものだけではなく、パネルの下部からも大きなフレキシブルケーブルが出ていますね。


もう1枚画像が流出しています。

f:id:bambamboo333:20140421064639j:plain

【Image Source: one more thing



今回のこれらの画像について複数の海外メディアでは、このような相違点から現行のiPadAirのものとは違う次期iPadAirのものではないかと報じています。
また追加されたフレキシブルケーブルはカバーガラスと直結するのかもしれないとし、いわゆるタッチパネルの方式がインセル方式のものを採用しようとしているのではないかと予測。

インセル方式のタッチパネルについてはこちらが詳しいです。



インセル方式のタッチパネルを採用するということになれば、より薄型化と軽量化が見込めます。
ただ上記の記事でも書いていますが、このインセル方式のディスプレイの生産はディスプレイサイズが大きくなればなるほど難しいとの話。
そのゆえ5.5インチiPhone6の量産が遅れるなんて話が出てきているほどです。

5.5インチよりもさらに大きなディスプレイを持つiPadAirでインセル方式のタッチパネル採用は可能なのだろうか・・。
今回の画像が本物であるとすれば、次期iPadAirはより薄くより軽く、さらなる高みへと上りゆくのかもしれない。

次期iPadAirについては更なる情報を待ちたいと思います。

今回は以上です。
ほなまた。

引用:iFixit,one more thing

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG