【+メッセージ】iOS版は6月下旬リリース予定( *´艸`)

スポンサード リンク
あとで読む

+メッセージ(プラスメッセージ)

いまやSNSの代表格と言ってもいいほど、その存在感を示している「LINE」

そんな「LINE」に対抗するように、大手携帯キャリア3社が足並み揃えてサービスを開始したのが、今回ご紹介する「+メッセージ(プラスメッセージ)」です( *´艸`)


f:id:bambamboo333:20180612073130j:plain



docomoの「+メッセージ」を紹介するサイトでは下記のように案内されています♪

お申込み 不要
月額使用料 無料


  • 携帯電話番号だけで「簡単」「安心」にメッセージが送れる!
    アプリのダウンロード後は、会員登録などの複雑な手続きなしで「簡単」に利用を開始できます。また、プロフィール情報は電話帳に登録している人のみへの公開となるため「安心」です。

  • 写真や動画、スタンプの送受信ができる!
    テキストや絵文字だけでなく、写真や動画、スタンプなど、コミュニケーションを豊かにするコンテンツの送受信ができます。サービス開始時は500点のスタンプを無料で提供し、今後追加の配信も予定しています。

  • グループでのコミュニケーションもできる!
    複数人で同時にメッセージをやりとりすることができます。メッセージを相手が読んだことがわかるので、ご家族など大事な方とのやりとりや、急ぎの業務連絡などに便利です。

  • パケット通信料でやりとりできる!
    +メッセージサービス利用者同士なら、パケット通信料でメッセージのやりとりをすることができます。送信相手が+メッセージサービス利用者かどうかは、連絡先一覧に表示されます。ご利用中でなかった場合は、メールやSMS(ショートメッセージサービス)を使って本サービスに招待することができます。


※SMSにつきましては、Android端末ご利用の方は+メッセージアプリから送受信をすることができます。iOS端末ご利用の方は、プリインストールされているメッセージアプリでの送受信になります。
※詳しくはショートメッセージサービス(SMS)をご確認ください。



iOS版は、、、

実はこの「+メッセージ」

「iOS」版はまだリリースされておらず「Android」版のみ各キャリアから公開されています。

「Android」版のインストール方法は下記の通りです。

キャリア インストール方法
SoftBank Google Playからアプリをインストール
※アプリの自動更新を有効にしている場合は「Softbankメール」アプリが自動で「+メッセージ」アプリにアップデートされる
au au Marketから「+メッセージ」で検索してインストール
※従来の「SMS(Cメール)」アプリをアップデートすると「+メッセージ」アプリになります
docomo ドコモアプリ管理からインストール


なお、SoftBnakのAndroid版「+メッセージ」アプリは、5月のリリース後に、既存のSMSアプリからの自動更新などでユーザーに混乱が生じ、誤ってアンインストールしたことで過去のメールが失われるなどしたため、リリース直後よりGoogle Playストアでの公開を取りやめています。本日(2018.6.12)現在も公開されていない模様です。。( ゚Д゚)


と、SoftBnakのAndroid版「+メッセージ」アプリの問題があるものの、このように各キャリアともに「iOS」版の公開が未定の状態でした。


6月下旬

そんな中、ついに「iOS」版の「+メッセージ」アプリの公開が差し迫っているようです('◇')ゞ

各キャリアとも「+メッセージ」アプリのリリース時期を6月下旬とアナウンスしています♪

「+メッセージ」アプリの利用イメージはこのような感じとのこと。


f:id:bambamboo333:20180612075132j:plain
via docomo


「+メッセージ」アプリの詳細は下記の各キャリアの案内をご覧ください♪


www.nttdocomo.co.jp



www.au.com




www.softbank.jp



LINE

冒頭でも述べましたが、いまや日本ではSNSの頂点に君臨する「LINE」
そして今回各キャリアが足並みそろえて投入してくる「+メッセージ」

どこまで「+メッセージ」が浸透していくのか。
そのシェアの奪い合いに注目ではあります(^^ゞ

とは言いつつも、「LINE」に取って代わる存在になるのは、難しいのではないかと思うわけです。
先行者の利というものがあります。

また今のところ、わざわざ「LINE」から「+メッセージ」アプリに乗り換えるに値する、魅力的なサービスとはちょっと思えません。

あくまでも「LINE」の後追い間が否めませんし、大手キャリア間のみでの対応とのことですので、いま勢いのある「MVNO」ユーザは蚊帳の外となっています。(いずれ対応していくのかもしれませんが・・・。)


と、ちょっと分が悪いように思える「+メッセージ」アプリ。
しかし今後の展開に期待したいところでもあります。

「LINE」には無い、アッと驚く機能が現れたりして!?
さて、この先「+メッセージ」アプリはどうなっていくのでしょうか。


と、今回は以上です。
ほなまた。

via docomoauSoftBank

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG