【+メッセージ(プラスメッセージ)】iOS版がついにリリース♪ ダウンロード方法は?設定方法は?

スポンサード リンク
あとで読む

+メッセージ(プラスメッセージ)

ついにiOS版の「+メッセージ(プラスメッセージ)」アプリが正式リリースされました( ^ω^ )


f:id:bambamboo333:20180623110925j:plain


docomo、KDDI(au)、SoftBankの大手携帯キャリアが、6月下旬にリリース予定としていた新しいショートメッセージサービス(SMS)「+メッセージ(プラスメッセージ)」のiOS版アプリをApp Storeでリリースしています♪

www.kototoka.com



「+メッセージ」を利用するには、利用中のiOSデバイスにアプリをインストールする必要があります。

また、対象となるiOSデバイスは、iOS9.0以降を搭載する「iPhone」「iPad」及び「iPod touch」です。

iOS版「+メッセージ」アプリのダウンロードは下記からどうぞ♪


+メッセージ(プラスメッセージ)

+メッセージ(プラスメッセージ)

NTT DOCOMO,KDDI,SoftBank無料posted withアプリーチ



SMSとの違いは?

この「+メッセージ」と、従来のSMSとの違いは何かというと、大きな違いは送受信できる文字数です。

従来のSMSは、最大全角70文字まででしたが、「+メッセージ」アプリを使うと、最大全角2,730文字まで送受信が可能となります( *´艸`)


また、文字数の拡大とともに、これまでSMSでは出来なかった写真や動画の送受信、グループメッセージや音声メッセージのやりとりができるほか、「LINE」のスタンプと同じような「+メッセージ」専用のスタンプ送受信も可能です。

従来のSMS +メッセージ
他社携帯電話宛て 最大全角70文字 最大全角2,730文字
写真・動画  ×   ◯  (最大100MB) 
専用スタンプ  ×   ◯ 
グループメッセージ  ×   ◯ 
音声メッセージ  ×   ◯ 
地図情報  ×   ◯ 



設定手順

では、さっそくですがインストール後の流れをご紹介♪

まずは、App Storeから「+メッセージ」アプリをインストールします。


+メッセージ(プラスメッセージ)

+メッセージ(プラスメッセージ)

NTT DOCOMO,KDDI,SoftBank無料posted withアプリーチ



1、インストールする

f:id:bambamboo333:20180623113531j:plain


2、アプリを立ち上げる。

f:id:bambamboo333:20180623113629j:plain


3、指示に従ってアクセス権限の設定を行う。

f:id:bambamboo333:20180623113647j:plain


4、「連絡先」へのアクセス、「通知」の送信の許可を設定する。

f:id:bambamboo333:20180623114101j:plain

f:id:bambamboo333:20180623114117j:plain


5、「Wi-Fi」を一時的に解除し、設定を行う。

f:id:bambamboo333:20180623114234j:plain

f:id:bambamboo333:20180623114252j:plain


6、「利用規約」に同意をしたら設定完了♪

f:id:bambamboo333:20180623114340j:plain

f:id:bambamboo333:20180623114402j:plain


7、チュートリアルを確認し、プロフィール(任意)の設定を行う。

f:id:bambamboo333:20180623114503j:plain

f:id:bambamboo333:20180623114516j:plain

f:id:bambamboo333:20180623114530j:plain

f:id:bambamboo333:20180623114542j:plain


以上で「+メッセージ」アプリの設定は完了です( ^ω^ )


「LINE」という障壁

大手携帯キャリア3社が足並み揃えてリリースしてきたこの「+メッセージ」

ようするに「LINE」に対抗してきたアプリであることが容易に想像できます。

SMSの最大の欠点であった送受信できる文字数の少なさ。

そこをクリアして最大文字数を大幅にUPさせ、そして「LINE」の十八番であるスタンプ機能などをマネて実装させてリリースしてきたアプリ。

それが「+メッセージ」


そういうことでしょう。。。


いまや老若男女問わず利用している「LINE」という大きな壁。
そこに打ち勝って「+メッセージ」がシェアを広げるのは容易ではないと思われます。(;´・ω・)


私はこの記事執筆のために、リリース日にインストールしましたが、いまだ普段使いしたことは無いです。。( ;∀;)
知り合いに「+メッセージ」アプリをインストールしているユーザがいませんので。。(;´・ω・)


「LINE」という途方もなく大きなライバルに対して、いかに差別化をはかっていくのか、「+メッセージ」アプリの今後の行く末を見守っていきたいところです。


最後に大手3キャリアの「+メッセージ」アプリのサイトを紹介して終わりとします。


www.nttdocomo.co.jp

www.au.com

www.softbank.jp


では、今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG