【5G】NTTdocomo、次世代通信規格「5G」でも現行の通信料金水準を維持する方針!

スポンサード リンク
あとで読む

5G docomo

SankeiBizより。


f:id:bambamboo333:20180529080438j:plain

次世代の通信規格として注目されている「5G」
NTTdocomoでは、2020年春の商用化(サービス開始)を表明しており、鋭意開発中の模様です。

超高速で大容量の通信ができることが特徴で、様々な分野で活用されることが期待されています。


そんな「5G」ですが、そもそもなんぞや?という方も多いのではないでしょうか?

「5G」とは、

5G(第5世代移動通信システム)とは? ... 5GはLTE、およびLTE-Advancedのさらに次となる第5世代移動通信システムです。 5Gによって、例えば、人が密集したイベント会場や大都市エリアで、4K/8Kといった超高解像度動画のストリーミングを快適に楽しめるような世界をめざします。
5G(第5世代移動通信システム) | 企業情報 | NTTドコモ


このようにNTT docomoでは説明しています。


「G」?

もっと基をただせば、「G」とはなんぞや?ということになりますが、現在主流の通信規格である「4G」から「1G」まで、歴代の通信規格を解説する記事を過去に書いていますので、興味のある方はこちらをどうぞ♪

www.kototoka.com


上の記事に詳しいですが「G」とは「 Generation」の頭文字の「G」です。
「世代」とでも訳しましょうか( *´艸`)

よって今日の話題の「5G」とは、5世代目の通信規格といえます。


通信料金

さて話は戻って「5G」について。

冒頭でも述べましたが、「5G」は現行の「4G」と比較すると通信速度が10倍以上にもなると言われています。

ということは、より快適に高速で大容量のコンテンツを利用できることになりますから、必然的に通信容量も増えることが予測できます。


ここで心配になるのが「5G」の「通信料金」についてではないでしょうか。(;´・ω・)

現在主流の「4G」で利用している通信量が10倍以上になるということは、「5G」では「通信料金」も10倍以上になるのでは?と心配でたまりません。

さすがに10倍以上も料金が上がってしまうことは、現実的に考えにくいことですが、2倍や3倍程度になってしまうのではないかと考えてしまいます。。(;'∀')


このことについてNTTdocomoの吉沢和弘社長が産経新聞のインタビューに応じて下記のように発言しています。

5Gは通信速度が現行の主流規格の4Gの10倍以上になるため、データ通信量も速度に比例して飛躍的に増加する見通し。ただ、通信料金をデータの使用量に比例して増やせば、利用料金が大幅に高くなる。吉沢氏は「速度が10倍なら料金を10分の1、速度が20倍なら20分の1にできるように通信ネットワークの技術を高め、コストを削減しなければいけない」と強調した。

現在、ドコモは個人向けにデータ通信量10ギガバイトのプランを6千円で提供しているが、5Gの場合は通信量が10倍の100ギガバイトのプランで、この水準を参考に料金設定するとみられる。



国内最大手の携帯キャリアであるNTTdocomoが、「5G」でも現行の通信料金と同水準の料金設定を考えているようです♪
ということは、他のキャリアも同等の料金設定で設定してくるものと思われます( ^ω^ )


待望の「5G」がサービス開始しても、通信料金が現行の10倍なんていう、べらぼうに高い設定じゃ、誰も利用することができません。

しかし、今回の吉沢社長の発言をそのまますべて鵜呑みにはできないにしても、常識の範囲内で料金設定することを考えていることが伺えますので、ひとまず一安心ですね♪


約2年後にはサービスが開始されるとされる「5G」
通信速度が10倍という世界がどんなものなのか、ちょっと想像しかねますが、ちょっとわくわくしてきますね( ^ω^ )

通信容量100GBで、月額6,000円なんていう通信料金プランがでてくるのでしょうか?

2020年春。
そう遠くはない将来です。

「5G」の登場を心待ちにしながら料金設定にも注目していきましょう!


今回は以上です。
ほなまた。

via SankeiBizNTT docomo

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG