【ソフトバンク】4年縛り再加入条件撤廃へ♪ au、ドコモに続き条件見直し、ここでも3キャリア横並び('ω')

スポンサード リンク
あとで読む

ソフトバンク 4年縛り

先日、au(KDDI)とNTTドコモが、俗にいうところの「2年縛り」「4年縛り」の各条件を見直しへ。という記事を書きました。

www.kototoka.com


その際、ソフトバンクも続くのか?と締めくくっておりましたが、やはりと言いますか、ソフトバンクも「縛り」に関する条件を見直すことを表明しました♪


f:id:bambamboo333:20150202050727j:plain



日経によると、

ソフトバンクの宮内謙社長は6日、4年間の分割払いを条件にスマートフォン(スマホ)の代金を半分にする「4年縛り」と呼ばれる販売手法を見直す方針を明らかにした。2年後の機種変更時に同様の4年契約を結び直すという値引きの条件を撤廃する。


とのこと。


「iPhone8」「iPhone 8 Plus」及び「iPhone X」の発売に合わせて「半額サポート」として開始されたこの販売方法は、2年後の機種交換時に手持ちの端末を下取りに出したうえで、再度同じプランに加入することが条件となっています。

今回の発表によれば、この「再加入」の条件を撤廃して、端末を下取りに出しせさえすれば、分割払いの残額が免除されるようになる模様です。


3社横並び

いまに始まったことではありません。

料金プランに始まり、各種割引施策や、今回問題になっている「縛り」と呼ばれる端末の販売方法。

日本の携帯大手3キャリアは、横並びが本当に大好きです。。('ω')


f:id:bambamboo333:20141205152622j:plain


そして今回の「縛り」に関する条件の見直し。

やはりここでも見直し内容が、ほぼ3キャリアが横並びの内容となっているようです・・・。

しかも今回の見直しは、公正取引委員会の報告書によって、独禁法に抵触するという指摘を受けてのもの。

ユーザ目線とは言えないのは明らかですね(-_-;)


どこか1社でも、思い切ってこれまでに無かったような施策を打ち出してくれないかと思いますが、現実的には期待はできないでしょうね。。。


3キャリア 横並び

ソフトバンクが携帯キャリアとして乗り込んできた時、打ち出してきた料金プランに「ホワイトプラン」なるものがありました。

当時、主流であった携帯料金プランと比較して、大幅に格安であり、凄まじいインパクトがあったことを思い出します( *´艸`)

あの時、度肝を抜かれたであろう他キャリアも追随して、新しい料金プランを発表してきました。


いま思えば、あの「ホワイトプラン」の登場が、携帯業界に革新を起こしたことに異論はありませんが、逆に言うと、各キャリアの横並び体質の始まりだったのかもしれませんね。。


と、いまさら過去を振り返っても仕方ないことですが、、、


ユーザ目線?

今回のソフトバンクの発表。

ソフトバンクは、今回の条件見直しの理由を、

宮内社長は「いろんな嗜好のお客さんがおり、再加入の条件が困るという人もいた。いろんなリサーチのデータを勘案し、撤廃することに決めた」と話した。


とのこと。

建前上は、ユーザ目線と言いたいところなんでしょうね。( ̄▽ ̄;)


さて、何か大きな地響きが聞こえ始めたようにも感じる携帯業界。

これから先、目に見えない大きな潮流によって変革していくのか。
それとも、これまでの慣行通り、3キャリア横並びで、大きな変革もなく進んでいくのか。

この先、大手3キャリアの動向に注目ですね( *´艸`)

では、今回は以上です。
ほなまた。

via 日経

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG