【iPhone XS,XS Max】ドコモ「PREMIUM 4G」に対応! 受信時最大844Mbpsに♪【ギガビット級LTE】

スポンサード リンク
あとで読む

iPhone XS,XS Max ギガビット級LTE

予約受付が開始された新型iPhoneこと「iPhone XS」と「iPhoneXS Max」

AppleStoreでSIMフリー版、及び各キャリア版ともに、9月21日に発売開始の予定です!


f:id:bambamboo333:20180915101116j:plain


そしてこの「iPhone XS」シリーズ。
昨年モデルの「iPhone X」と大きく変わった点が無く、マイナーモデルチェンジだとしても変化なさすぎ!と、世間では評価されているようですね(;^_^A

そんな中、「iPhone XS」シリーズのスペックを公式サイトで見ていると、このような表現に出くわしました('◇')ゞ

f:id:bambamboo333:20180915101746j:plain


赤枠部分、

ギガビット級LTE



そう、上記の「ギガビット級LTE」との文字です。( *´艸`)



ちなみに「iPhone X」では「4G LTE-Advanced」との表記。


何が違うのかな?と思って、いろいろとネット上を探し回った結果、NTTdocomo(以下、ドコモ)のあるサイトで答え?を見つけました。('◇')ゞ


受信時最大844Mbps


f:id:bambamboo333:20180529080438j:plain

ドコモは、「モバイルの通信速度もギガの時代へ」と銘打って、「PREMIUM 4G」というサービスを展開しています。

要するに、いろいろな技術を駆使して受信時速度の向上を図ろうというサービスです(^^ゞ


今年の5月には、対応したAndroid端末において、受信時最大988Mbps/送信時最大75Mbpsという、とてつもなく受信時速度が速いサービスを開始しています。

サービスの概要は下記ページから確認ください('◇')ゞ

www.nttdocomo.co.jp


と、この「PREMIUM 4G」ですが、上記ページ内にこのような記述がありました!

iPhoneはモデルによって最大通信速度が異なります。



このモデルによって最大通信速度が違うという点に注目!

そうなんです。
「iPhone XS」シリーズは、歴代のiPhoneの中で最大通信速度が一番早いことが記載してありました( *´艸`)

iPhone XSとiPhone XS MaxはPREMIUM 4G®受信時最大844Mbpsに、iPhone XRは794Mbpsに、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 PlusでiOS11.3以降の場合はPREMIUM 4G®受信時最大594Mbpsに、iPhone 7、iPhone 7 Plus、10.5インチiPad Pro、12.9インチiPad ProはPREMIUM 4G®受信時最大375Mbpsに、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、9.7インチiPad Pro、iPad(第6世代)、Nexus 5Xは、PREMIUM 4G®受信時最大262.5Mbpsに対応しております。


と記載が!

まとめてみると、

端末 受信時最大速度
iPhone XS シリーズ 844Mbps
iPhone XR 794Mbps
iPhoneX,iPhone8シリーズ
※iOS11.3以降の場合
594Mbps
iPhone 7シリーズ
10.5インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro
375Mbps
iPhone 6シリーズ
9.7インチiPad Pro、iPad(第6世代)
Nexus 5X
262.5Mbps



表を見て頂けると違いが明らかに!

昨年モデルの「iPhone X」及び「iPhone 8」シリーズが、PREMIUM 4G受信時の最大受信速度が594Mbpsであるのに対して、今年のモデルである「iPhone XR」が794Mbps、「iPhone XS」シリーズに至っては844Mbpsと、とてつもなく進化を遂げているということがわかります(^^ゞ


ギガビット級LTE

理論値とはいえ「844Mbps」という受信速度は「1Gbps」に近いということもあって、「ギガビット級LTE」という名称をつけたのでしょう♪

もちろん、上記の最大受信時速度は理論値であって、実際の通信速度ではありえないことは百も承知です。

しかし、その秘めたるポテンシャルの違いは、実機を触らなければわかりませんが、昨年モデルの「iPhone X」から理論値で約1.4倍もの向上が図られていることから、体感でも多少なりの差を感じられるかと思われます。( *´艸`)


何かと「iPhone X」との違いが無いことが話題に上がっている今年の「iPhone XS」シリーズ(;^_^A

「iPhone X」と「iPhone XS」に至っては、見た目も、寸法も、まったく一緒な両者です。が、大きな変化はないものの、確実にブラッシュアップされて登場してきていることは、確かなようです♪


なお、今回取り上げたドコモ以外でも、


auでは、「iPhone XS」シリーズの受信時最大速度が <東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県>の一部エリアで、758Mbpsであるという資料を公開していました。au(KDDI)


<追記:2019.9.15 15:00>
auの「iPhone XS」シリーズの受信時最大速度に関しまして。
当初は上記の通り、<<「iPhone XS」シリーズの受信時最大速度が <東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県>の一部エリアで、758Mbpsである>>と書いておりましたが、

キャリアアグリゲーションで超高速通信(iPhone)

受信最大818.5Mbpsの実現


f:id:bambamboo333:20180915144405j:plain

受信最大818.5Mbps 対応機種 iPhone XS、iPhone XS Max

au


と案内しているページがありました。
ここに訂正させていただきます。

auにおける「iPhone XS」シリーズの受信時最大速度は、818.5Mbpsとのことです。<(_ _)>
<追記以上>


また、SoftBankでは、公式サイトに通信速度に関する記載がなかったので、公式チャットサポートにて聞いてみました。

:「iPhone XS」は「ギガビット級LTE」とスペック記載がありますが、ソフトバンクでの最大受信時速度は何Mbpsなのでしょうか?

ソフトバンク:今のところソフトバンクでは下り最大612Mbpsとなっております。詳細は下記ページよりご確認ください。
https://www.softbank.jp/mobile/network/service/hybrid4glte/


以上のような回答でした。

通信速度に関して、「下り最大612Mbpsの提供エリアは、一部エリアから順次提供中です。今後、全国主要都市に順次拡大予定です。」との表記を見つけましたが、端末名等の記載がありませんでした。

しかし、チャットサポートの回答からみるに「iPhone XS」シリーズは612Mbps提供エリア内であれば、対応しているとみられます。


と、今回は、Appleの公式サイトで見つけた「ギガビット級LTE」という言葉を、少しばかり掘り下げて調べてみた!という話題でした。

今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG