【ドコモ】千葉・台風災害に伴いデータ通信の速度制限解除。災害救助法適用地域【台風15号】

スポンサード リンク
あとで読む

千葉・台風15号災害

今もなお、復旧がなかなか進まない、千葉県を中心に被害が広がった台風15号の爪痕。

台風災害の発生から、特に復旧までに時間がかかっているのが停電、および携帯電話などの連絡手段の不通。

停電被害に関しては、発生から完全復旧までに2週間以上かかる見込みと東電が発表し、物議をよんでいます。


また、今や重要なライフラインの一つともなっている携帯電話などの不通といった被害も報告されているようです(゚o゚;;


携帯各社

こと携帯電話の不通に関しては、携帯キャリア各社が、通信網の復旧に向けて様々手を尽くしている模様。

その一例としてau(KDDI)は、電波が途切れているエリアに対して海上から復旧を行うべく、「船舶型基地」を投入したと話題にもなっています( ´∀`)

japanese.engadget.com

NTTdocomo


f:id:bambamboo333:20180529080438j:plain

そんな折、社用携帯として貸与されているNTTdocoo契約のiPhoneに、一通のSMSが届きました。

f:id:bambamboo333:20190916123905j:plain
NTTdocomoからのSMS


内容は上記の通り、下記に一部抜粋

ご契約プランのデータ量を超えても迅速に災害情報等を収集できるよう、お客様がご利用するデータ通信の速度制限解除を行いました。



いわゆる、データ通信の上限を撤廃し、どれだけデータ通信を行っても通常速度で通信ができますよぉ!ということのようです( ´ ▽ ` )


千葉県・41市町村に災害救助法を適用

今回のNTTdocomoの措置、災害救助法の適用に伴う措置としています。

内閣府は千葉県内の41市町村を対象に災害救助法を適用としていますので、その地域内で契約しているユーザが対象になっていると思われます。

また、冒頭に書いた通り、今回のSMSが届いたのは社用携帯です。

いわゆる個人契約ではなく、法人契約のものです。よって個人契約のみならず、法人契約のユーザにもデータ通信上限の撤廃が適用されているようです。


なお、未確認ですがSoftBankおよびau(KDDI)でも、同様の措置を行っているか、もしくは検討しているのではないかと思われます。


今回の台風15号による被害、一日でも早い復旧・復興をお祈り致します。

では、今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG