【MacBook Pro】デュアルディスプレイ構築への道。その1【LG「27UL850-W」到着】

スポンサード リンク
あとで読む

MacBook Pro

ご無沙汰しております。たけのこです。

久しぶりの更新となります。( ^ω^ )

と、今回は現在メインで使用しているノートパソコンの「MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 ports)」での執筆環境改善のための道のりを書いていこうかと思っております!


これまでノートパソコン1台でブログを書いてきた私( ̄∀ ̄)

ブログ開設当初は、自作のWindowsPCに2つのディスプレイを接続してデュアルディスプレイ環境で書いていました。

しかし、そのPCはその当時で既に作成から7年もの月日が経っており、それまでの酷使を経て間も無く御臨終に。。。

その後は、Windows搭載のノートパソコンを購入し執筆してきました。


そして「iPhoneのこととかいろいろ」などと銘打ってブログを書いてきたにも関わらず、そんな私が、Macを手にしたのがつい最近のことです( ̄▽ ̄;)

人生初Macに右往左往していた次第です、、ははは、、、苦笑

www.kototoka.com


そのMBAを手にしてからも紆余曲折あり、なぜか今は「MacBook Pro」を所有し、メインでゴリゴリ使っている次第です!



デスクに「MacBook Pro」

私のデスクは非常にシンプルです。
デスクにノートパソコンが鎮座しているのみ!


f:id:bambamboo333:20191027133546j:plain
デスクに「MacBook Pro」


非常にシンプルすぎるくらい、何も無い状態でした。

また、目の衰えなのか何なのか、13インチの「MacBook Pro」のディスプレイでは作業をするのに見辛い( ;∀;)

そこで閃いたのが、 Windows時代に構築していた「デュアルディスプレイ」の導入です!!

もっと早く気付けよってな話なのですが、これまでイジイジと13インチの「MacBook Pro」を使っていました、、、

そこで「MacBook」でデュアルディスプレイ体制の構築に着手しtました( ^ω^ )


デュアルディスプレイ

今回、目指しているのが、「MacBook Pro」のディスプレイと、そこに外部ディスプレイを接続し、合わせてディスプレイが2台並んだ形。

そう、いわゆるデュアルディスプレイの形です!

本来であれば、2枚の外部ディスプレイを接続し、Macの機能の一つである「クラムシェル 」機能を使って見たいところでしたが、予算の都合により外部ディスプレイの購入はとりあえず1台のみ( ̄▽ ̄;)

いずれはディスプレイをもう一台購入し、「クラムシェル 」機能を使った環境を整えたいと思っています♪( ´▽`)


27UL850-W

デュアルディスプレイを構築するにあたって、今回手にした外部ディスプレイは、「LG」さんの「27UL850-W」です。







なかなか値の張るお買い物でしたが、思い切って購入。

ディスプレイとしての大きさは必要十分であり、ポイントとしてはまずは4K対応(必要なのか悩みましたが、将来性を考えて)な点、そしてここが重要で、入力端子に「USB Type-C(PD対応)」が備わっているという点でした!

入力端子にUSB Type-C(PD対応)があることによって、「MacBook Pro」とUSB Type-Cケーブル1本で接続することで、「MacBook Pro」からの映像出力はもとより、「MacBook Pro」への電力の供給が可能となり配線がすっきりとできることが最大のポイントとなりました( ^ω^ )


そんなディスプレイの到着の図がこちら!

f:id:bambamboo333:20191028055832j:plain
LG「27UL850-W」


正直、思っていた以上に大きな梱包で届き、びっくりしちゃいました( ̄▽ ̄;)苦笑

それでは、次回は開梱からの「27UL850-W」をデスクに設置するまでをお伝えしたいと思います( ^ω^ )

続きはこちらです( ^ω^ )
www.kototoka.com



今回は以上です。
ほなまた。

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG