読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple、iOS8.3のパブリックベータプログラムを3月中旬に開始か?

Apple iOS
スポンサード リンク
あとで読む

9to5Macより。
Appleの計画について説明を受けた複数の人の話として、Appleが「iOS」としては初のパブリックベータプログラムを開始するようだと伝えています。


f:id:bambamboo333:20150221111721j:plain



iOS8.3

Appleは、iOS8.3をパブリックベータ版として、「Apple Seed」プログラム登録者10万人に限定して3月中旬に公開するとのこと。

「iOS8.3」はすでにデベロッパー(開発者)にむけて「beta版」が公開されていますが、Appleは3月中旬にも「iOS 8.3」のパブリックベータ版をリリースする予定であり、デベロッパー(開発者)向けには来週に「iOS 8.3 beta 2」がリリースされ、更に3月中旬には「iOS 8.3 beta 3」がリリースされるものと伝えています。


パブリックベータプログラム

今回の報道が事実とすれば、「iOS」シリーズでパブリックベータ版が公開されるのは初めてのことです。
これは2014年10月の正式版公開に先駆けて行われた「Mac OS X Yosemite」パブリックベータ版での100万人によるテストが成功に終わったことをうけ、Appleは同様の手法を「iOS」でもとることにしたようです。


f:id:bambamboo333:20150221112247j:plain


beta版のテスト

以前には「iOS8.2」のbeta版のテストをApple Storeのスタッフにも行わせているという報道がありました。



Appleは「iOS」の安定性の向上を図るために、これまでにない手法を用いて「iOS」の開発に取り組んでいこうとしているようです。


iOS9

また、Appleは6月に行われる予定の「WWDC 2015」で「iOS」の次期メジャーアップデート版である「iOS 9」を発表する予定で、夏にはパブリックベータをリリースし、秋に正式リリースをするという流れになるとしています。

「iOS9」は、安定性の向上と最適化が最大の特徴になると噂されています。



Appleは「iOS」の開発について、大きな機能の追加やデザインの刷新といった大掛かりなものではなく、今後はより安定性が担保されたバグの少ない快適なものへと主軸を移しているようです。

今回は以上です。
ほなまた。

via 9to5Mac

▲TOPへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ABOUT THIS BLOG