【Google アドセンス】「ads.txt」の作成方法と設置方法まで。その1【はてなブログ】

スポンサード リンク
あとで読む

Google Adsence 「ads.txt」

先般、記事にも書きましたが、Google Adsenceから下記のようなアラートを受け取りました。。(;´・ω・)


f:id:bambamboo333:20190629121938j:plain

要注意 − ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。


はい、慌てて対処した次第です(;´・ω・)

www.kototoka.com



「ads.txt」

と、上記の記事では、おおまかな流れしか書けませんでしたので、ここからは順を追って説明をば。


今回のAdsenceからのアラートは、「ads.txt」というファイルが、運営しているサイトに設置されていませんよぉというもの。

何はともあれ、「ads.txt」というファイルを作成することが大事です('◇')ゞ


では、早速ですが「ads.txt」の内容に関して。

「ads.txt」の書式は、1行ごとに認定販売者1件を記載するもののようです。
かといって正直、「ads.txt」の内容は難しくなく、非常に簡単なものですのでご心配なく♪

ではさっそく「ads.txt」の例文をご紹介('◇')ゞ

ご自身がサイト運営者で、Googleアドセンスを利用している場合は、以下のようになります。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0



上の例を説明しますと、

カンマ区切りで1行に4つの値を設定します。
最初の1つ目、2つ目及び3つ目は必須の項目、4つ目は任意項目のようです。

1つ目・・・広告配信システムのドメイン名
 設定値 … google.com

2つ目・・・サイト運営者のアカウントID
 設定値 … pub-0000000000000000
 ※Googleアドセンスのアカウント情報で確認する(後述)

3つ目・・・アカウントのタイプ
 設定値 … DIRECT or RESELLER
 ※Googleアドセンスのご自身のアカウントで広告を掲載している場合は「DIRECT」

4つめ・・・認証機関の IDとやら。
 設定値 … f08c47fec0942fa0
 ※Googleアドセンスの場合は上記の値がデフォルトらしい。


「アカウントID」の調べ方

と、「ads.txt」では上記のような内容のテキストファイルを作成するのですが、ここでつまずき易いのが2つ目の「アカウントID」について。

ご自身の「アカウントID」がわかる方はサッと入力できますが、意外と知らないというか、常日頃意識することでは無いので、わからない方がほとんどだと思います(;´・ω・)


しかし調べ方は簡単('◇')ゞ

まず「Google Adsence」にログインします。「Google Adsence」のページは下記からどうぞ( *´艸`)

www.google.co.jp


ログイン後の画面(PCの場合)で下記のように、


f:id:bambamboo333:20190709164745j:plain
Google Adsence 「アカウントID」
<画像はクリック、もしくはピンチアウトで拡大できます!>



①アカウント
②アカウント情報

と辿っていくと、③「サイト運営者ID」という項目が表示されます。

この③の項目。


例:

pub-1234567890123456 


と表示されている「pub-」と以降の16桁の数字が、ご自身の「アカウントID」です。

上記の例でいくと、「pub-1234567890123456」が、2つ目の「アカウントID」に入力する値となります('◇')ゞ


UTF-8で保存を!

そしていざ「ads.txt」を作成するにあたって、注意事項がひとつあります!

それはテキストファイルの形式を「UTF-8」というもので保存しなければならないということ。

ここ肝心です!テストにでます('◇')ゞ


私は「ads.txt」を作成するソフトウェアにWindows搭載のメモ帳では無く、「サクラエディタ」というソフトを使いました( *´艸`)

高性能なメモ帳アプリです。

ダウンロードはこちらからできますよぉ!

sakura-editor.github.io


「サクラエディタ」で作成した場合の「UTF-8」での保存手順は下記の画像の通りです('◇')ゞ


f:id:bambamboo333:20190709171445j:plain
サクラエディタ「ads.txt」UTF-8保存


ファイル名は:ads.txt
文字コードセットは:UTF-8

上記のようにして任意の場所に保存しましょう♪
今回の例では「デスクトップ」に保存しています。


これで「ads.txt」の作成は完了です♪

それでは、今回は「ads.txt」の作成方法についてのお話でした( ^ω^ )

次回以降は、いよいよ「ads.txt」のサーバへのアップロード(設置)について書きたいと思います。
乞うご期待♪

では、今回は以上です
ほなまた。

▲TOPへ

ABOUT THIS BLOG